見出し画像

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.12

光文社新書のTwitterで月〜金につぶやいている「#勝手に社内リレー」を厳選プレイバックしていくこちらの連載。光文社古典新訳文庫のツイートを受け、光文社新書が「勝手に」ひもづけて、あるいはこじつけて既刊本をご紹介していきます! 担当・田頭の「勝手な」ふり返り付き。

『勇気の赤い勲章』→『近頃の若者はなぜダメなのか』

担当の自己採点★★ 若者は無責任ですぐ逃げる、みたいな話は19世紀のアメリカでもあったんですね。ということは、もっと昔から繰り返し言われてきたのかも…。


『論理哲学論考』→『難解な本を読む技術』

担当の自己採点★★★ 高田先生の本には平素たいへんお世話になっています。


『秘密の花園』→『キャベツにだって花が咲く』

担当の自己採点★★★★ 『秘密の花園』の舞台となったイギリスのヨークシャー地方の花といえば、なんと言っても「バターカップ」が有名でしょうが、パッと見キャベツの花に似ているんですよね。黄色ってだけかもしれませんが。


『鏡の前のチェス盤』→『藤井聡太はAIに勝てるか?』

担当の自己採点★★★ この時点で藤井聡太さんは棋聖・王位の二冠になっていましたが、この先どこまで強くなっていくやら…。個人的には藤井といえば断然「システム」のほうのファンなのですが、将棋が好きなかた以外にはなんのことやらですね(笑)。


『幸福な王子/柘榴の家』→『大人のための仏教童話』

担当の自己採点★★★ 「幸福な王子」は子ども向けの絵本やアニメだとハッピーエンドめいていますが、もうタイトルからしてすでに皮肉がきいていますよね。個人的には芥川の「蜘蛛の糸」もそんな印象。東先生の解釈が深くておもしろいです。


この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも感謝しています!
19
光文社新書の公式noteです。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」は、常時投稿をお待ちしています!