見出し画像

Kindle月替わりセール!緒方孝市 『赤の継承~カープ三連覇の軌跡~』約68%OFF!499円【2021年6月】

こんにちは。光文社電子書籍担当の佐藤です。
本日はKindle月替わりセールのお知らせです。

2021年6月、kindle月替わりセールで
緒方孝市 『赤の継承~カープ三連覇の軌跡~』が
通常時1,584円(税込)→ 約68%OFFの499円(税込)!

1か月限定の特別価格です!

赤の継承_l

勝ちにこだわった初年度の失敗から25年ぶりの優勝と黄金期を実現――タナ・キク・マルの確立、誠也の四番抜擢、新人・西川龍馬の起用をはじめとするお家芸の育成論、寝食を削っての徹底的な戦力分析や一球ごとの緻密なベンチワークといった采配の裏側、そして未完に終わった日本一。リーダーの素直な思いと、再起を担う若鯉へのエールを綴る。

野球とかサッカーとかスポーツはいっさい無縁で知らない世界なのですが、もんのすごく面白かったです!!!!
私がどの程度疎いかというとですね……本書を読みながらおお、この人知ってる!と思ったのが原辰徳さんだけだったという……(長嶋さんや野村克也さんも出てきましたが)。
しかし、とっても面白かったので一気読み、3時間弱で読み切りました。
緻密で熱のこもった語りにぐんぐんひきこまれ、全く知らない野球の世界にもかかわらず、緒方さんの語りに一喜一憂してしまう。広島カープという球団へのほとばしる愛。緒方さんがカープの伝統を綴る箇所は常に胸が熱くなりました。

「常に生え抜きの選手を、自前で一人前に育てていく――私はカープ伝統の“育成”方針にのっとり、球団により計画的に鍛えられた選手だったのである」
「優勝できたわれわれも幸せ、応援してくれたファンも幸せ、球団も幸せ――われわれの真のミッションというのは、そうした“みんなを幸せにすること”だったのである」

「しかし、この年、優勝まであとひとりというところで私の頬を涙が伝った。私はずっと腕組みをして戦況を見つめていたが、サングラスを外してそれをぬぐった」
「メンバーが緊密につながった組織同士が協力し合い、さらに大きな組織を形づくっていく――それが私の思い描く強いチームの理想形だった」

今も、読みながら心に響いた箇所、付箋を貼った箇所(紙書籍で読みました)を文字で打ち、じいいいいいいいんと広がる感動。

読み終えたとき、私の中に一度も見たことがない(申し訳ございませぬ)、広島カープへの愛がめらめらと植え付けられていたのです。優勝パレードに参加しているかのような気分に!

緒方さんの広島カープへの熱き想いと誇りに、宝塚ファンの私は、自分の宝塚への愛と重ね合わせ、しびれました。なんて、なんて素晴らしい球団なのでしょう、広島カープ!!!!

良書に使われるフレーズに、〇〇を知らない人にも面白く読むことができる!というのがありますが、これ、本当です。そして私は思いました。

広島カープのファンの人たちがうらやましい。こんなに素晴らしい本があるなんて。これはきっと広島カープのファンの皆さんのバイブルになると思います。野球ファンの人がうらやましい。きっと、私以上にこの本を面白く読めるのだろうから。

そして思いました。宝塚ファンとしての私。
「この本みたいな宝塚本がほしい!野球ファンがうらやましい!!!!」

ちなみに光文社新書編集長の三宅さんが思いを綴った紹介文&まえがきはこちら。……熱いです。

今年の1月に発売し、すぐに増刷も決まった熱き本書が、
なんと、2021年6月、Kindle月替わりセールで約68%OFFの499円!!
ぜったい、ぜったい、読んでください!!!

光文社電子書籍担当の佐藤がお届けいたしました。
引き続き光文社新書ならびに光文社の電子書籍(&紙も!)よろしくお願いいたします。

****

そして光文社新書には広島カープ本がたくさんありましたので、ご紹介いたしますね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

いい本との出会いがありますように!
10
光文社新書の公式noteです。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」は、常時投稿をお待ちしています!