見出し画像

【67位】マドンナの1曲―てんやわんやの「みたいな」第2幕で、憎まれっ子世にはばかる

「ライク・ア・プレアー」マドンナ(1989年3月/Sire/米)

画像1

Genre: Pop Rock
Like a Prayer - Madonna (Aug. 94) Sire, US
(Maddona • Patric Leonard) Produced by Maddona and Patric Leonard
(RS 306 / NME 47) 195 + 454 = 649
※68位、67位が同スコア

ついにマドンナが出た。『教養としてのロック名盤ベスト100』では、なぜかアルバムが1枚もランクインなし。ようやくここで雪辱だ――といったときに出てくるのがこれだというところが、いかにも彼女らしい。同スコアだった68位「ハレルヤ」に続いての宗教もの。ただしこっちは発表当時、世の良識層から非難の集中砲火を浴びた。

楽曲そのものは、さしてスキャンダラスではない。「お祈りみたいに」とのタイトルどおり、キリスト教関連の言葉をゆるやかな暗喩として、人生の不可解さや、人と人が心を許し合い、愛し合うことのめくるめく歓びを描いたもの――つまりかなり「ハレルヤ」にも通じる構造がありつつ――あちらとは違う、大柄なロック・ナンバーとなっている。

音楽的には、まずゴスペル風味が強い。冒頭でハードロック・ギターが鳴り響き、マドンナが朗々と歌い始める。続いて聖歌隊風コーラスが華々しく盛り上げる。マイケル・ジャクソン「マン・イン・ザ・ミラー」などでもいい仕事をしたゴスペル歌手、アンドレ・クラウチ率いるコーラス隊だ。荘厳だ!とファンはこの演出を喜んだ。

が、MVの内容が物議をかもす。「宗教モチーフ」が冒涜的である、とされたのだ。米保守層や宗教右派だけでなく、なんとヴァチカンから当時の法王ヨハネ・パウロ2世まで登場。マドンナのイタリア公演ボイコット運動に理解を示す始末――だったのだが、これが全部いい宣伝になった。ビルボードHOT100および全英で1位。豪、加、スペイン、ニュージーランドでも1位。当曲収録の同名アルバムも世界各国で1位を奪取した。「明るいポップ歌手」から一枚も二枚も脱皮した、マドンナの新たな代表曲となった。

この直前、彼女のキャリアは曲がり角にあった。主演映画2作が立て続けに失敗、俳優ショーン・ペンとの離婚話、自身の三十路突入……などがあり、そこでおそらく、かつての「ライク・ア・ヴァージン」を超え得るような、大人としての自分の道を切り開ける、大スケールの「ライク・ア」ナンバーを求めて――(MV中で)つい十字架まで燃やしてしまったのだろう(もっとも具体的には、混血者の守護聖人マルティン・デ・ポレスを讃え、差別主義者を叩く目的の、真面目な宗教心の反映があれだったと思えるのだが)。

ところでタイトルのPrayerには「祈る人」と「祈り」のふたとおりの意味があって、ここでは後者となる。だから発音は、邦題の「プレイヤー」とはまずならず、カタカナ表記するとしたら「プレアー」が近い(マドンナもそう歌っている)。ぜひご留意を。

(次回は66位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

今後とも光文社新書をよろしくお願いします!
13
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています。

この記事が入っているマガジン

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 38本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。