見出し画像

【Kindleフェア/50%OFF】3月8日は国際女性デー

光文社新書

こんにちは。光文社の電子書籍担当の佐藤です。
3月8日は国際女性デー。女性の生き方を考える日です。1904年にニューヨークで婦人参政権を求めたデモが起源となり1975年に国連により制定されたそうです。
光文社新書はKindleさんの国際女性デー2022フェアに12点参加しておりますのでさっそくご紹介いたします!

Kindle 国際女性デー2022
期間 2022/3/4(金)~3/17(木)(14日間)
※下記画像をクリックすると対象の光文社新書が並ぶページへ飛びます!

国際女性デー

それでは対象リストを公開いたします…!
※価格は参考価格ですのでご購入の際は販売ページでご確認ください。

画像2

それでは3冊、ご紹介いたします。

小川さやか/「その日暮らし」の人類学~もう一つの資本主義経済~ 
通常価格726円(税込)→363円(税込)

その日暮らし

私たちはしばしば「働かない」ことに憧れながらも、成果を追い求め、今を犠牲にしてゴールを目指す。しかし世界には、そうした成果主義や資本主義とは異なる価値観で人びとが豊かに生きる社会がたくさんある。「貧しさ」がないアマゾンの先住民、気軽に仕事を転々とするアフリカ都市民、海賊行為が切り開く新しい経済圏……。彼らの生き残り戦略から、働き方、人とのつながり、時間的価値観をふくめた生き方を問い直す。

今、ちょっと疲れ気味の佐藤なんかは紹介文を読んでいるだけで、自分の涙腺がちょっとゆるんでくるような気配が。とにもかくにも、気になる方は是非ともこの機会にこちらを!今なら50%OFFでご購入いただけます。

野村 浩子/女性リーダーが生まれるとき~「一皮むけた経験」に学ぶキャリア形成~
通常価格990円(税込)→495円(税込)

女性リーダー

2019年12月、世界経済フォーラムから発表されたジェンダー・ギャップ指数で日本は調査対象の153カ国中121位、過去最低の順位となった。女性リーダーの少なさが下位低迷の大きな要因だ。意思決定層に女性を増やさないと、日本は変わらない。それどころか、このまま沈んでしまう。四半世紀にわたって女性リーダーの取材を続けてきた著者が、国内外の女性役員にインタビュー。「生の声」から、これからの時代を生き抜くヒントを探る。

リアルでかつ現実的な「生の声」が説得力のある一冊です。ジェンダー・バイアスの解消にも有益な情報が詰まっています。とにかく読んで、そして参考にしてください……!

瀬地山 角/炎上CMでよみとくジェンダー論
通常価格902円(税込)→451円(税込)

炎上CM

SNSが発達した現代、「CM」と「炎上」は切っても切れない関係となった。とりわけジェンダーに対する無理解に端を発する炎上案件は数知れない。最近も日本赤十字社のポスターが炎上したばかりだ。一方で、新しい人間や家族のかたちを描いて共感を抱かれた広告もいくつか存在する。両者をわかつものは何だったのだろうか? 東大で人気講義を開く社会学者が「CM」を切り口に語る、目から鱗のジェンダー論。

ジェンダー絡みの案件はよくわからないけど、突然炎上するからこわい……という方にはおすすめ。「CM」をきりくちに炎上の構造を読み解き、理解を促す一冊です。

今回は3冊をピックアップしてご紹介しましたが、実はこのフェアのエントリーの際に「このテーマは是非、編集部の方のご意見も反映したい」と考え、選書を編集部の方に個人的に依頼しました。選んでいただいたもの全てをエントリーすることはできなかったのですが、現代の問題に向き合うとても読み応えのあるものばかり。是非、ご参考にしていただければと思います……!

下の画像をクリックすると光文社新書の対象作、12点が並びます↓

国際女性デー


また、今回の国際女性デーフェアには光文社新書、並びに光文社古典新訳文庫もエントリーしています。光文社古典新訳文庫も編集部の方々のご意見を反映したものが並んでいます。是非、こちらも、お手にとっていただければ幸いです。
光文社古典新訳文庫の国際女性デー2022参加作品一覧。
※価格は参考価格ですのでご購入の際は販売ページでご確認ください。

画像7

3/17(木)までオトクな50%OFF、となっております。
この機会にお手にとっていただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします………!

光文社電子書籍担当の佐藤がお知らせいたしました。ひきつづき光文社新書の電子書籍&紙書籍をどうぞよろしくお願いいたします。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

光文社新書
光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!