見出し画像

【第17回】そもそもなぜ「顔」があるのか?

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか?
■デマやフェイクニュースに騙されていませんか?
■自分の頭で論理的・科学的に考えていますか?
★現代の日本社会では、多彩な分野の専門家がコンパクトに仕上げた「新書」こそが、最も厳選されたコンテンツといえます。この連載では、哲学者・高橋昌一郎が「教養」を磨くために必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介します!

「顔」は進化が生み出した「究極の傑作」

「『顔』とはなんだろう。そもそもなぜ顔はあるのか。どこからどこまでが顔なのか。なぜそこに顔があるのか。何がついていれば顔なのか。顔は何をしてきたのか。顔がない生きものと顔がある生きものの違いとは。人類の顔はなぜこうなったのか。東洋と西洋、男と女、大人と子供の顔はどう違うのか。これから顔はどう変わっていくのか。顔についてのあらゆる疑問に、人類形態進化学の大家が答える!」

これが本書の「内容説明」である。おそらく編集者が書いたのだろうが、読者の興味をそそるという意味で、立派な「名文」ではないだろうか(笑)。

本書の著者・馬場悠男氏は、1945年生まれ。東京大学理学部生物学科卒業後、同大学大学院理学系研究科修了。獨協医科大学助教授、国立科学博物館主任研究官、東京大学教授などを経て、現在は、国立科学博物館名誉研究員。専門は、人類学・形態進化学。著書に『ホモ・サピエンスはどこから来たか』(河出書房新社)や『ビジュアル顔の大研究』(監修、丸善)などがある。

さて、「植物」は光合成によって栄養を作り出すことができるが、「動物」は餌を外部から取り込まなければならない。そこで、最初に「口」が誕生した。地中に棲むミミズには眼がないが、先端には「口」がある。つまり「口」こそが「動物」の特徴であり、その機能を高めるために、眼・鼻・耳などのパーツが付け加えられて、動物の「顔」に進化してきたというわけである。

ウマは、ライオンやトラに襲われても即座に逃げ出せるように、長い脚を持ち、立ったまま草を食べる。好きな草を選ぶのに都合がよいように口先は細く、草で眼球を傷つけないように、また視野を広げるために、眼は口から遠ざかる。こうしてウマの顔は、細長く、眼から口までの距離が長い「馬面」になった。つまり「顔」とは、環境への適応により進化した結果なのである。

ネコの顔が横に広がり丸くなったのは、獲物に強く噛み付くためだ。ネコの顎は短く、切歯で噛み付くために側頭筋(そくとうきん)が発達した。多くの動物にとって最優先事項は食べることなので、顔の先端に口がある。ところが、巨体のゾウは、口を上下左右に動かすことができず、鼻が長く発達して餌を口に運ぶようになった。顔の先端に口がないという意味で、二足歩行により手で餌を口に運ぶようになったヒトの顔は、ゾウの顔に近いと馬場氏は述べている。

本書で最も驚かされたのは、「口」のなかでも「歯」が「顔」の進化に果たしてきた重大な役割である。日本人のルーツは、約1万5千年前から日本に居た「縄文人」と約2千8百年前に大陸から渡ってきた「弥生人」の混血にある。頭蓋骨の化石のレントゲン写真を分析すると、日本人の祖先は、顎の骨がしっかりとして歯並びがよく、側頭筋や咬筋(こうきん)が発達していたことがわかる。彼らが肉を食いちぎり、乾燥米のような硬い食物を食べていたからである。

ところが、古墳時代以降、日本人は柔らかく加工された食物を食べるようになり、顔が「華奢」に変化してきた。中世から近代になると、歯槽骨(しそうこつ)が退縮し、すべての歯が並びきれず、いわゆる「出っ歯」の傾向が強くなった。馬場氏は、現代の日本の若者は「歯並びが最悪」だと述べているが、その原因は、柔らかすぎる食物にあったのである。若者よ、もっと硬い物を食べよう!


本書のハイライト

あなたの顔には、眉毛があり、眼には白眼が見える。頬から高まる鼻があり、中には鼻毛もある。唇がめくれ、赤く染まり、すぐ上に人中と呼ばれる窪みもある。じつはこんな特徴は、ほかの動物には見られないものであり、ヒトが進化の過程で獲得した「人間らしさ」の表出ともいえるものなのだ。そして、こうした特徴が、我々の祖先が文化を生み出し、文明を築くようになった原動力ともなっている。(p. 4)

↓第16回はこちら

高橋昌一郎の最新刊が3月17日に発売になります!

著者プロフィール

画像1

高橋昌一郎/たかはししょういちろう 國學院大學教授。専門は論理学・科学哲学。著書は『理性の限界』『知性の限界』『感性の限界』『ゲーデルの哲学』『フォン・ノイマンの哲学』『自己分析論』『反オカルト論』『愛の論理学』『東大生の論理』『小林秀雄の哲学』『哲学ディベート』『ノイマン・ゲーデル・チューリング』『科学哲学のすすめ』など、多数。

この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんともども心から感謝しています!
光文社新書の公式noteです。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」は、常時投稿をお待ちしています!