見出し画像

【68位】ジェフ・バックリィの1曲―鳴り止まぬ祝福の歌、天の下に「You and Me」がいるかぎり

「ハレルヤ」ジェフ・バックリィ(1994年8月/Columbia/米)

画像1

Genre: Folk, Alternative Rock
Hallelujah - Jeff Buckley (Aug. 94) Columbia, US
(Leonard Cohen) Produced by Andy Wallace
(RS 264 / NME 89) 237 + 412 = 649
※68位、67位が同スコア
※初出はアルバムで、シングルは07年になってようやく発売された

とにかく、いや本当にもう、いつまでも果てしなく……TVドラマや映画の挿入歌に使用され続けている曲だ。なかでもとくに、このジェフ・バックリィのヴァージョンが、至上の名演・絶唱として、広く愛されている。「ホーリーな」響きの、この歌が。

たとえば、歌唱コンテストで出場者が歌うナンバーの定番中の定番曲が、彼のこのトラックだ。だから人気番組『アメリカン・アイドル』の出場者が上手に歌ったせいで、当トラックが08年3月にビルボードのホット・デジタル・ソングスの1位を奪取した。このときすでに、バックリィが世を去ってから随分経っていたのだが。

30歳の若さで彼が没した97年から10年後の07年、このトラックは初めてシングル化された。初出はバックリィが生前に完成させた唯一のアルバム、94年発表の『グレース』(『教養としてのロック名盤ベスト100』では99位)の収録曲としてだった。好評価の一方、セールス的に伸び悩んだ同作は、彼の没後に再注目されることになった。その先に「バックリィのハレルヤ」の、とてつもない広がりが、待っていた。

ギター1本(テレキャスター)とヴォーカルのみで、まるで「感情の星雲」とも呼ぶべき無尽の歌空間を自由自在に飛翔する様は、まさに圧巻だ。歌詞の冒頭における旧約聖書エピソードの引用(ダビデ王とバトシェバ、サムソンとデリラ)と、パーソナルな恋愛生活が対比的に描かれていく。愛する喜悦と同時にある苦しみ、そして恍惚――心のこうした振幅と、神を賞賛する言葉「ハレルヤ」が等号でつながっていくその様に、聴き手は強く吸引された。その美しさ、はかなさに。その官能的なまでの「人間くささ」に――。

というこのナンバーを書いたのは、カナダを代表するシンガー・ソングライターのレナード・コーエンだった。彼の84年のアルバム『ヴァリアス・ポジションズ』が初出。書き上げるまでに5年を要し、全80節にも及ぶ大作だったという。最初にライヴでカヴァーしたのは88年のボブ・ディラン。そして「最初に録音した」のが元ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのジョン・ケイルで、彼はコーエンから取り寄せた詞の全部を見た上で「気に入ったところ」のみを抜き出して自分ヴァージョンとした。バックリィ版は、このケイル版に準拠している(だから、諧謔味の強いコーエン版とは、かなり趣が違う)。一説には「録音されたもの」だけで300は下らないという、そんな全地球的「ハレルヤ」界の頂点に屹立するのが、何人もの手を経てたどり着いた、これだ。

(次回は67位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

今後とも光文社新書をよろしくお願いします!
12
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています。

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 58本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。