見出し画像

【Kindle 50%ポイント還元】 光文社6,500冊以上!

皆さま、ご機嫌いかがでございましょうか。

光文社の電子書籍担当の佐藤でございます!
本日も、ちょっと鼻息荒い勢いのお知らせです!

kindleで光文社の電子書籍6,500冊以上(7,000冊近く……!)が50%ポイント還元なのでございますよ!!!!!!!!!!!

Kindle冬の50%ポイント還元キャンペーン   
期間:2020年12月4日(金)~12月17日(木)
内容:50%ポイント還元(Amazonポイントが付きます)
対象:光文社新書、ほぼ全点
光文社新書対象作はこちらのリンクから → http://amzn.to/3ovJura

光文社新書を含め、どれもこれもあれやこれの大盤振る舞い。
全点は下記リンクからGO!


50%ポイント還元というのはざっくざくの太っ腹還元率でございますので、Amazonさんをご利用なさる方は、今こそお買い求めくださいませ!

光文社新書も最新刊は下記『夢中力』までが対象です(※2020年10月14日配信開始)

880円で440ポイント付与……。
kindleさんは税込み価格に対してのポイント付与率で文字通りの50%還元。
普段割引にならないコたちも、今回はもりもりでポイント還元対象になっておりますので、是非とも下記ページからお買い物の旅へといってらっしゃいませ!



光文社新書をはじめとして光文社の電子書籍が対象。
どんなのものがございますの?という方にはこちらから。
ジャンルごとにわかれておりますので、そこを直接ポチっとしてくださいませ!ジャンル名をポチっとされますと飛べます!

ビジネス・経済

ビジネス2

これまでのような「分析」「論理」「理性」に軸足をおいた経営、いわば「サイエンス重視の意思決定」では、今日のように複雑で不安定な世界においてビジネスの舵取りをすることはできない――「直感」と「感性」の時代――組織開発・リーダー育成を専門とするコーン・フェリー・ヘイグループのパートナーによる、複雑化・不安定化したビジネス社会で勝つための画期的論考!

コンピュータ・IT

データ分析

本書では「広告が売り上げに影響したのか?」「ある政策を行ったことが本当に良い影響をもたらしたのか?」といった、因果関係分析に焦点を当てたデータ分析の入門を展開していきます。なぜ因果関係に焦点を当てるかというと、因果関係を見極めることは、ビジネスや政策における様々な現場で非常に重要となるためです。また、この「因果関係の考え方」について、数式を使わず、具体例とビジュアルな描写を用いて解説していきます。

趣味・実用

画像3

ダイヤモンド・プリンセス号の感染対策の告発で注目の感染症医・岩田健太郎による渾身の一冊。日本で子供のいじめが減らない理由は、大人の社会がいじめ体質だからだ。自らもコミュ障でいじめられっ子だったという著者が、日本社会の同調圧力を打ち破る方法を提案。大事なのは空気ではなく科学。ファクトを無視したフェイクな社会において人々が健康を損ない苦しむことになる。厚労省の体質や、クルーズ船での告発に関する追記も。

暮らし・健康・子育て

科学的に正しい

東京大学医学部卒、ママとしても奮闘中の医師が、世界の最新研究(論文170本)をリサーチして生まれた「使える」育児書。ママに向けて、本当に気をつけなければいけないことは何か、逆にそれほど気にしなくていいことは何か、具体的な研究内容をお示ししながら案内します。じいじもばあばも必読! 世界の最新研究を知るだけで、育児に迷わない! 育児が楽になる!



………膨大な量すぎて、ご紹介しきれず……、あれもこれも対象です!光文社新書のほぼ全品が対象なんです!
とってもビッグなマーケット、Amazonさんのポイントが50%も還元されるということで、一人でも多くの方にお知らせしたく、駆け足でご紹介いたしました!

キャンペーン期間は2週間、この冬を楽しく過ごすためにもAmazonポイントをがっつり稼いでおきましょう!


それでは皆さま、師走の忙しい時期ではございますが、光文社新書ならびに光文社の電子書籍(紙書籍も!)をどうぞよろしくお願いいたします。

光文社の電子書籍担当の佐藤がお届けいたしました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

いい本との出会いがありますように!
16
光文社新書の公式noteです。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」は、常時投稿をお待ちしています!