見出し画像

教養としてのロック名曲ベスト100【第12回】89位はこれ! by 川崎大助

「エイト・マイルズ・ハイ」ザ・バーズ(1966年3月/Columbia/US)

画像1

Genre: Psychedelic Rock, Raga Rock
Eight Miles High - The Byrds (Mar. 66) Columbia, US
(Gene Clark, Jim McGuinn, David Cosby) Produced by Allen Stanton
(RS 151 / NME 348) 350 + 153 = 503 

やったザ・バーズが出た。『教養としての名盤ベスト100』のほうでは「バーズなし」だった。〈ローリング・ストーン〉も〈NME〉も選んでいたのだが、票割れおよび集計順位が低すぎてリスト入りしなかったのだ。なので今回雪辱を果たしたことになるのだが、しかしそこで出てきたのがこの「サイケな」ナンバーだというのが、趣ぶかい。

なぜならば、バーズと言えば「まずはフォーク・ロック」だからだ(後期の「カントリー・ロック」も影響力甚大なのだが)。デビュー・シングルである、ディランのカヴァー曲「ミスター・タンブリンマン」(65年)をスマッシュ・ヒットさせた彼らは、フォーク・ロックの礎を築き、布教した。このスタイルのDNAがトム・ペティはもとより、80年代以降の英米インディー・バンドにも大量に転写された(ザ・スミスのジョニー・マー、R.E.M.、プライマル・スクリーム、ザ・ラーズ……そのほか無数に)。

が、初期の成功の陰で巣食っていた闇が吹き出したのか、メイン・ソングライターだったジーン・クラークがバンドを脱退してしまう。それとほぼ同時にシングル・リリースされたのが、この曲だった。「サイケデリック・ロックを先取りした」と評される、インド調旋律のラーガ・ロックにして、ジョン・コルトレーンの影響もある。「ジャングリー」ギターの元祖、ロジャー・マッギンの12弦ギターの、とくにソロ部分がそうだ。この不協和音込みの不穏な感じと、夢幻のごとき手触りが新しい時代の扉を開いたのだが、同時に「ドラッグ・ソングではないのか」とマスコミに叩かれる(のちに「そうだよ悪いのか。パーティで吸ってたよ」とクラークとデヴィッド・クロスビーが言い返す)。

とはいえ本当は、バーズのUKツアーの模様を飛行機恐怖症のクラークが描写したものが歌詞の原型だった。たどり着いた異国は寒いわプレスは冷たいわ……といった居心地の悪さが抽象化されて、「(架空の)高度8マイル」を掲げたポップ・ソングになった。

シングルは、彼らにしてはかんばしくない成績、ビルボードHOT100では14位、全英では24位にしか達しなかった。しかしやはり、当時も大きな影響力を発揮した。「異国」のライバルであるザ・ビートルズを突き動かし、あの『リヴォルヴァー』へと向かわせた一因がこの曲だった、と言われている。当曲を含む第3作『フィフス・ディメンション(邦題・霧の5次元)』は、さらに多くの同輩たちと、抜きつ抜かれつ、当時の「ロックの最先端」を巡ってデッドヒートを繰り広げていくことになる。

(次回は88位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんと一緒に喜んでいます!
11
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています。

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 56本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。