見出し画像

【47位】ルー・リードの1曲―彼岸の都市文学が、異性装と男娼とドラッグの桃源郷を祝福する

「ウォーク・オン・ザ・ワイルド・サイド」ルー・リード(1972年11月/RCA/米)

画像1

Genre: Rock
Walk on the Wild Side - Lou Reed (Nov. 72) RCA, US
(Lou Reed) Produced by David Bowie and Mick Ronson
(RS 223 / NME 50) 278 + 451 = 729

彼のナンバーのなかでも、群を抜いた人気を誇る1曲がこれだ。リードいわく「あからさまなゲイ・ソング」。各ヴァースごとに人物スケッチがおこなわれる。トランスジェンダーの、裕福ではない、しかし個性的な人々だ。ヴァース1から、順番に行ってみよう。

マイアミからニューヨークにやってくる途中で、男から女になる「ホリー」。口腔性交が得意で、みんなの相手をする「キャンディ」。いかさま仕事師の「リトル・ジョー」。ソウル・フードを探す「シュガー・プラム・フェアリー」。スピード狂で、クルマをかっ飛ばす「ジャッキー」は、まるで事故死したジェームズ・ディーンみたいだった(でも死ななかった)……こうした人物をさらりとスケッチした最後に、かならず決まり文句が入る。「ヘイ・ベイブ、ワイルド・サイドを歩きなよ」。このフレーズは、各ヴァースの主人公か、その周辺の者が口にする。「語り手」のリードも、これに続いて、乗っかるようにして言う。「I said」ワイルド・サイドを歩きなよ、と――。

当曲は、彼のソロ第2作アルバム『トランスフォーマー』(『教養としてのロック名盤ベスト100』では第69位)に収録。同作収録の「パーフェクト・デイ」とカップリングされて、両A面のあつかいでシングル・カットされた。ビルボードHOT100では16位、全英は10位と「ルー・リードのシングルとしては」画期的なセールスを記録した。

勝因はサウンドだ。ブラシを使ったドラミング、そしてこの印象的なベース・ライン(ウッドベースに、フレットレスのフェンダー・ジャズベースの音を重ねた)は、いったい幾度、ヒップホップ・アーティストらにサンプリングされたことか。こうしたジャズ調の小粋でテンダーなタッチが、クラシカルな舞台劇のごとき気品や詩情を「街角の光景」に付与した。ここに聴き手は、ビート以降のアメリカ文学の視野と強度を感じ取った。ちょうどそれは、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド時代のリードが書いた「アイム・ウェイティング・フォー・ア・マン」(67年、70位)の一人称的単視点構造と、見事に対照的な地点における達成だった。三人称的複数視点の「語り」の傑作が、この曲だ。

登場人物たちはみんな、アンディ・ウォーホル周辺にいた人物がモデルとなった。録音は、デヴィッド・ボウイとミック・ロンソンのプロデュースのもと、ロンドンはトライデント・スタジオにておこなわれた。大西洋の向こう側で「小説家のように」街と人を活写したリードのこのナンバーを「ニューヨークを象徴する1曲」として選ぶ人は多い。

(次回は46位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも感謝しています!
16
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 81本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。