見出し画像

教養としてのロック名曲ベスト100【第5回】96位のナンバーは? by 川崎大助

「サボタージュ」ビースティ・ボーイズ(1994年1月/Grand Royal/米)

画像1

Genre: Rap Rock
Sabotage - Beastie Boys (Jan. 94) Grand Royal, US
(Michael Diamond, Adam Horovitz, Adam Yauch) Produced by Bestie Boys and Mario Caldato. Jr.
(RS 480 / NME 56) 21 + 445 = 466

のちのアカデミー賞受賞者となるスパイク・ジョーンズの監督による抱腹絶倒のMV(70年代刑事ドラマのパロディだ)とともに、世界中の「一部で」絶大なる人気を博した。米ビルボードHOT100で1位とか、そういうんじゃない(実際、そこにはランクインすらしなかった)。最高位は同モダン・ロック・トラックスで18位、全英なら19位だった――のだがしかし、たとえば「X世代」と呼ばれていたジェネレーションには、受けに受けた。

なかでも、オルタナティヴ・ロック・ファン、DJやラッパー、エクストリーム・スポーツ・ファン、その周辺で写真や動画を撮ったりデザインしたり絵を描いたり……といったライフスタイルの若者たちに、ほとんどテーマ・ソングのように熱く支持された1曲がこれだ。

「サボタージュ(Sabotage)」とは、なにかの妨害を目的とした行為を指す。この曲では、主人公が「妨害」されている。とにかく抑圧される側にいる。だから彼は「お前らみんなよっく聞け、それはサボタージュなんだよ!」などと言い、怒りざまにキーッと叫ぶ。子供声でこれをシャウトするのは、ひずんだギターをかき鳴らすアドロックだ。叫びの瞬間、たとえばライヴであれば、会場内が一気に「バースト」する。つまり、盛り上がる。聴き手の感情レベルを一気にピークへ持っていけるナンバーとして、彼らの新しい代表曲となった。

特筆すべきことは、これがメンバー自身の演奏によるラップ・ロックだった、ということだ。アドロックのギターだけじゃない。うなるベースはMCA、大音量でタメの効いた8ビートを叩き出すドラムスはマイクD――つまり彼らが原点回帰して、そもそものハードコア・パンク・バンドだった時代のスタイルを復活させた上で、「ヒップホップ通過後」の強靭なビート感覚と合体させたハイブリッド・ナンバーが、この曲だった。

86年、異色の白人「ワルガキ」ラッパー3人組として派手にアルバム・デビューした彼らは、しかし、同路線でのアホアホなスター街道は進まず、ヒップホップ音楽の可能性を探究する求道者となる。その過程で、初期の彼ら最大のヒット曲「ファイト・フォー・ユア・ライト」(86年)はステージで演奏される機会が激減する。僕が「学生寮の乱痴気騒ぎ」と呼ぶあのハチャメチャさが、本人たちの成長していく内面とどんどん乖離していったのだろう。だがそこで、地味に老成していく「わけがない」ところにこそ、彼らの真骨頂があった。

この「新代表曲」に続く第4作アルバム『イル・コミュニケーション』のほうは、特大級のヒットとなった。第1作以来、彼ら二度目の全米1位。トリプル・プラチナムも記録した。

(次回は95位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

今後とも光文社新書をよろしくお願いします!
12
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています。

この記事が入っているマガジン

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 36本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。