【東京五輪開催前プレイバック】「金メダル以外いらない」オールプロで臨むも史上最低の内容・結果に(北京五輪・野手編)
見出し画像

【東京五輪開催前プレイバック】「金メダル以外いらない」オールプロで臨むも史上最低の内容・結果に(北京五輪・野手編)

熱烈な巨人ファンで、多くの野球マニアや選手たちからフォローされるゴジキさん(@godziki_55)が巨人軍を分析。
7月23日から開会予定の東京オリンピック。その特別企画として過去の五輪のメンバー・戦績・内容をプレイバックいたします。今回は残念な結果に終わった2008年の北京五輪です。

本連載がもとになっている書籍『巨人軍解体新書』はこちらからお求めください↓↓↓

2008年 北京五輪 結果:4位(4勝5敗)
予選リーグ(4位通過)
キューバ 2-4
チャイニーズタイペイ 6-1
オランダ 6-0
韓国 3-5
カナダ 1-0
中国 10-0(7回コールド)
アメリカ 2-4(延長11回)
準決勝 韓国 2-6
3位決定戦 アメリカ 4-8

メンバーはこちらをチェック↓↓↓

コンディション不良と怪我人続出で管理能力が問われた大会

北京五輪の野手陣で目立ったのは、続出した怪我人の多さとベンチワークの悪さだった。つまり、首脳陣のマネジメント力が欠如していることを露呈した大会だったと言える。

国際大会は基本的に初見のため、シーズン中のように打てるわけではないことはわかる。だがそれを差し引いても、メジャーリーガーが参戦しないオールプロで参加した大会でチーム打率が最低だったのは褒められない。ちなみに下記が、メジャーリーガーなしかつオールプロで参加した国際大会のチーム打率である。

アテネ五輪:.315
北京五輪:.234
2015プレミア12:.312
2019プレミア12:.265

翌年の2009WBCで監督を務めた原辰徳氏がコメントしていたが、コンディショニングの重要性を痛感させられる五輪だったことは間違いない。

「選手のコンディションを最優先する。短期決戦だけに、何が起こるかわからない。状況次第では、先発投手が後ろに回る可能性だってある」

例えば、川崎宗則と西岡剛は北京五輪を通して打撃の調子自体はかなり良かったものの、怪我で守備に着けないため、指名打者での出場やベンチスタートの試合があった。特に川崎は合宿の時点で足を骨折しており、武器である足を活かせないまま大会を終えた。西岡も万全の状態で動ける状態ではなかったため、指名打者としての出場がメインとなった。西岡は残すにしても、川崎は選出するべきではなかったように思われる。オールプロで初の世界一を勝ち取った、2006年WBCの西岡・川崎の二遊間の成功体験が仇となった形であった。

他にも村田修一の風邪や、大会終了後に新井貴浩が怪我をしていたことが発覚するなど、管理能力が問われる結果となったのは間違いない。さらにメンタリティの部分でも、一つのミスでメンタル的に追い込まれていたGG佐藤を、慣れない左翼手として起用し続けるなど全てが裏目に出た大会だった。その結果、上位3ヶ国の韓国・キューバ・アメリカには1勝もできず、メダルなしで終わった。

首位打者の内川聖一と盗塁王の片岡治大が落選

そもそも、選手の選定にも問題があった。この年右打者として史上最高の打率3.78を残した上にその後の2009WBCでも活躍した内川聖一や、盗塁王に輝いた片岡治大が選出されなかったのは意外だった。内川の場合は内外野を守れるかつ、WBCでは3大会に出場して全ての大会で打率3割以上を記録している。この大会でも低迷する打撃陣に必要不可欠な存在だったのは間違いなく、苦戦を強いられた韓国代表の金廣鉉への対策もできたのではないだろうか。

また、先述の通り川崎と西岡の両選手が怪我で自慢の足を活かせなかった点が大会を通して痛手だった。怪我の重さを考慮すると、川崎の代わりに片岡を選出するべきだったと見ている。事実、片岡は五輪よりもレベルが上がるWBCの舞台で4盗塁を記録する活躍を見せた。北京五輪でチームトップの盗塁数を記録したのは、西岡と荒木雅博の2盗塁と、中途半端な結果に終わった。もし片岡を選出していれば2019年プレミア12の周東右京のような活躍を見れた可能性はあっただろう。大技小技を兼ね備える人材をそろえられなかったことが悔やまれる。

ゴジキが選ぶ北京五輪野手陣

北京五輪の野手陣に関しては、下記の選手を選んだ。

阿部慎之助
里崎智也
矢野燿大
小笠原道大
中島裕之
西岡剛
片岡治大
中村剛也
村田修一
栗山巧
青木宣親
内川聖一
稲葉篤紀

荒木、宮本、新井、川崎、森野、G.G.佐藤に代えて小笠原、片岡、中村、栗山、内川を入れる形だ。特に、キャリアを通じて安定して3割30本を記録していた小笠原は、このシーズンは序盤の調子が悪かったとはいえ、国際大会の経験が豊富である点も含め、選出に値する選手だろう。また、足で掻き回すことができ、三塁手や遊撃手としても出場可能な片岡や、長打力が期待できる中村、ここ一番の勝負強さがある栗山を入れた。下記が打順である。

8青木
6中島
7内川
5村田orD中村
3小笠原
D中村or5村田
9稲葉
2阿部
4片岡

2009WBCのように中島を2番に入れて、調子を見つつ中村と村田を入れ替えていくオーダーだ。また、村田の調子が上がるまでは、西岡を指名打者として起用してもいいだろう。その他の候補選手では、外野手の守備力を考慮すると坂口智隆や赤星憲広も選出がありえた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんともども心から感謝しています!
光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」の投稿をお待ちしています!