見出し画像

【第26回】なぜ文部科学省は失敗を繰り返すのか?

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか?
■デマやフェイクニュースに騙されていませんか?
■自分の頭で論理的・科学的に考えていますか?
★現代の日本社会では、多彩な分野の専門家がコンパクトに仕上げた「新書」こそが、最も厳選されたコンテンツといえます。この連載では、哲学者・高橋昌一郎が「教養」を磨くために必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介します!

「三流官庁」と呼ばれる文部科学省

もう25年前の話になるが、現在私の勤務する大学が新学科を設立した。正式には、当時4学科だった文学部を6学科に再編成する改組案を文部省に提出し、その申請は大学審議会に諮問された。その過程で新カリキュラム案が精査され、「新しい時代」に相応しい「情報文化論」・「論理的思考法」・「コミュニケーション論」の専門科目を設置する方がよいという答申があった。

これらの3科目は、まさに私が専門とする「論理学」から派生する応用科目であるため、私は本務校の新学科に招聘されることになった。つまり、もし当時の文科省が大学に新科目増設を勧めていなければ、私が移籍する機会も生じなかったわけで、実は私は、文科省に大いに感謝しているのである(笑)!

とはいえ、私事は別として、最近の文科省の混迷ぶりに対しては、危機意識を抱かざるをえない。とくに本年2021年1月に開始された「大学入学共通テスト」は、文科省の最終方針が右往左往して2019年末まで明確に定まらなかったため、受験生が大きな損害を被った。なぜそんなことになったのか?

本書の著者・青木栄一氏は、1973年生まれ。東京大学教育学部卒業後、同大学大学院教育学研究科修了。国立教育政策研究所研究員、兵庫教育大学准教授などを経て、現在は東北大学准教授。専門は教育行政学・公共政策学。『地方分権と教育行政』(勁草書房)や『教育の行政・政治・経営』(共著、放送大学教育振興会)などの著書がある。

さて、「文部科学省」は、2001年に当時の「文部省」と「科学技術庁」が統合して発足した。英語名称が「MEXT: Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology」であることからもわかるように、その管轄は国の「教育」・「文化」・「スポーツ」・「科学技術」の幅広く非常に重要な分野に及ぶ。

ところが、文科省の予算は年々減少し続け、発足時2001年度の6.6兆円が2019年度には5.5兆円にまで落ち込んでいる。この金額は2019年度予算総額101兆円の5.4%に過ぎず、防衛費の5.3兆円と同程度だ。少子化に伴い、義務教育費や国立大学法人運営費が減少したのが大きな理由だが、科学技術研究費の減額による学術研究の弱体化も懸念される。一方、高齢化が主な理由とはいえ、2019年度の社会保障費は32兆円にまで膨れ上がっている。

本書で最も驚かされたのは、文科省が霞が関で「三流官庁」と呼ばれているという指摘である。実際に、文科省の職員定員は、統合時の13万人から年々減少し続け、今では中央省庁1府12省庁で最低の2,126人になっている。7万人を超える財務省、5万人の法務省や3万人の厚生労働省などよりも圧倒的に少ない。環境省の3,113人よりも少人数で国の「文科」を担うのである!

この状況で、文科省が若者の「新しい時代に必要な力」を養うために立案したのが、「英語四技能(読む・書く・聞く・話す)試験」と「記述式問題」の導入を中核とする「大学入学共通テスト」だった。

しかし、実際の業務は試験も採点も外部委託という「民間に丸投げ」の計画だったため、試験の「公平性」や「中立性」に対して日本中から非難が殺到した。受験生の人生を左右する大学入試の記述問題を、大学生のアルバイトが採点する計画とは、信じ難い。そして2019年末、この計画は破綻した!


本書のハイライト

文科省を正面から扱う本書のような書籍を、研究者、しかも国立大学に籍を置く教育行政学の研究者が出版するのは、これまでなかったことである。本書の草稿段階ではどこか遠慮した書きぶりが目立った。不思議なもので、そうした遠慮は観察のレンズを曇らせていたようである。それに気づいてからは、ある種の覚悟のようなものすら胸に秘めた執筆作業であった(p. 279)。

第25回はこちら

著者プロフィール

画像1

高橋昌一郎/たかはししょういちろう 國學院大學教授。専門は論理学・科学哲学。著書は『理性の限界』『知性の限界』『感性の限界』『フォン・ノイマンの哲学』『ゲーデルの哲学』『20世紀論争史』『自己分析論』『反オカルト論』『愛の論理学』『東大生の論理』『小林秀雄の哲学』『哲学ディベート』『ノイマン・ゲーデル・チューリング』『科学哲学のすすめ』など、多数。


この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも感謝しています!
24
光文社新書の公式noteです。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」は、常時投稿をお待ちしています!