【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.37
見出し画像

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.37


許光俊『世界最高のピアニスト』

画像7

単に達者なピアノを弾けばいいのではない。立派な演奏をすればいいのでもない。ここに聴きに来ているのは、数十年間、ずっとケンプを聴いてきた人たちだった。ケンプの老いは彼らの老いでもあった。そこには演奏家と聴衆の深い結びつきがあった。


宮元健次『月と日本建築』

画像1

未完成の美である「あわれ」「侘び」そして「幽玄」を表現する上でなぜ月が重視されるのか。月は、毎日満ち欠けを繰り返している。満月はほんのわずかで、そのほとんどが欠けた状態にある。要するに月そのものが未完成の美であると言えないだろうか。


大竹聡『ひとりふらブラ散歩酒』

画像2

私はそのとき、いい歳して夜中も仕事をするくらいなら、オレは意地でも酒を飲んでやるんだかんなと心に決めた。それは実に爽やかな決心であった。


水無田気流『黒山もこもこ、抜けたら荒野』

画像4

隣人の顔すらほとんど見ることもないのに、タレントの顔は毎日のように見ている。それが私たちの「普通の生活」である。「遠くの隣人より近くの芸能人」とでも言うべきだろうか。この異常さを、私たちは正常と認識して生活を送っている。


辻芳樹『すごい! 日本の食の底力』

画像3

現在の食の世界の主人公たちは、ネットワークを駆使したコミュニケーション力に長けている。かつてのようにピラミッド型の組織をつくって、ヒエラルキーを決めながら上意下達の情報伝達をするのではなく、フラットなコミュニティをつくって、縦横無尽に情報をやりとりをする。


宮脇修一『造形集団 海洋堂の発想』

画像6

イタコのようにゴジラになりきり、部屋を歩き回ることがゴジラ造形師の条件です。モスゴジはこう、キンゴジはこうと、歩き方を再現できるぐらいでないとゴジラは作れません。


川村俊一『昆虫採集の魅惑』

画像5

ある日突然、人は虫を嫌いになる。気持ち悪いと誰かに思い込まされる。子供の頃、あんなに興味深く観察していた芋虫を、今度は気持ち悪いと思う。だから大人になっても、子供の心を忘れなかった人が「虫屋」になったのだと言う。




この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも喜んでいます!
光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えます。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」は、投稿をお待ちしています!