見出し画像

教養としてのロック名曲ベスト100【第6回】95位は? by 川崎大助

「1999」プリンス(1982年9月/Warner Bros./米)

画像1

Genre: Funk, Synth-Pop
1999 - Prince (Sep. 82) Warner Bros., US
(Prince) Produced by Prince
(RS 215 / NME 313) 286 + 188 = 474 

プリンスの出世作となった第5作アルバムと同名のオープニング・ナンバーが、この曲だ。リード・シングルとして発売された。ひとことで言うとパーティ・チューン。つまりコンサートで、クラブで、ホーム・パーティで、鳴り出した途端にみんなが踊り始めるような、そんな曲だ。名バンド、ザ・レヴォリューションを背後に従えたプリンスが、足どりを合わせて右・右、左・左、とステップを踏みつつ演奏する様を、まるでそのまま音楽に置き換えたかのような、楽しいリズムの軽ファンク、シンセ・ポップだ。

とはいえ、そんな感触とは裏腹の「引っかかり」が、この曲を印象深いものにしている。「終末感」だ。いまとなっては、どれぐらいの人が記憶しているのか。だが20世紀末には、いや1000年紀の終わりには、普通に空気のなかにはいつも、それがあった。

具体的には、米ソ核戦争の恐怖か。環境破壊も(今日ほどではないが)深刻だった。日本限定でなら、五島勉による『ノストラダムスの大予言』によって「1999年の7月」の破滅を刷り込まれてしまった子供たちもいた(僕の世代だ)。だから「世紀末感の反映」としてのロック、緊迫して暗く頽廃的な光景を指向する音楽は、とくにポスト・パンク以降、どんどん増えていった。それはちょうど、19世紀末にクリムトやエゴン・シーレやビアズリーやオスカー・ワイルドが世を賑わせていた感じにも近かった。

が、このナンバーは、まったく違った。「明るい」のだ。「2000年にはパーティが終わる」からこそ「今夜僕は、1999年の気分でパーティするんだ」というのが、コーラス部分だ。「戦争は僕らの周囲で起こってるんだけど、今夜はやりたいようにやる」と言い切っては、プリンスと仲間たちは、楽しい音楽とともに踊りながら「明るい頽廃」のなかへと遁走していく――こうした一種の決意表明が、当曲をヒットへと導いた。

シングルは最高位で、米ビルボードHOT100で12位、全英2位、全豪で2位のヒットとなった。しかし、続く「リトル・レッド・コルヴェット」のシングルのほうがもっと売れた。さらに、アルバムも売れた。週間アルバム・チャートのビルボード200では9位まで上昇。プリンスに初のグラミー賞ノミネートまでもたらした。

これらの成功すべての、いや次作『パープル・レイン』(84年)での決定的大ブレイクの先触れとなったのも、まさにこの1曲だった。若き殿下による「これからやっちゃうよ!」との大号令が、曲のなかで溌溂と木霊し続けていた。ビートに合わせて。

(次回は94位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんと一緒に喜んでいます!
11
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」と一緒に首をなが~くして投稿をお待ちしています。