見出し画像

【13位】ザ・フーの1曲― 荒ぶる極大のR&Bが、怒れる若者の依り代に

「マイ・ジェネレーション」ザ・フー(1965年10月/Brunswick/英)

画像1

※こちらはイタリア盤シングルのジャケットです

Genre: Rock, Hard Rock, Proto-Punk
My Generation - The Who (Oct. 65) Brunswick, UK
(Pete Townshend) Produced by Shel Talmy
(RS 11 / NME 70) 490 + 431 = 921

ここでいきなり、ザ・フーが来た。彼らの代名詞的1曲にして、60年代UKロックを代表するナンバーのひとつ――なのだが、これが意外や〈NME〉リストの順位よりも〈ローリング・ストーン〉のほうが高く(前者70位、後者が11位)、ゆえにここに入った。

当曲はザ・フーとしての3枚目のシングルに初出。発表当時の成績は、あからさまな「英高米低」。全英は2位なれど、ビルボードHOT100では74位までしか上がらなかったので、この結果は感慨深い。同名のデビュー・アルバムにも収録されていた。

当曲は、映画『さらば青春の光(原題:Quadrophenia)』(79年)の劇中、ハウス・パーティーのシーンでも使用されていた。モッズ少年ジミーがシングル盤をプレイヤーにかけると、部屋中みんなが飛び跳ねて盛り上がり、合唱する。歌うのはもちろん、バック・コーラスのパート。「俺らの世代の話、してるんだぜ」――と、そんな曲だった。

だがしかし、当曲の真の姿とは、時代や場所の限定つきの「世代歌」などではない。50年代の英文学シーンに花開いた「怒れる若者」の原像を歌の上に置き直したもの、と見るのが正しい。ジョン・オズボーンの戯曲やアラン・シリトーの小説の、ポップ文化版だ。

ピート・タウンゼントのギター・カッティングは、のっけから、まるで打楽器だ。棍棒でなにかをぶん殴り続けているみたいに飛ばす。吃音を強調してシャウトするロジャー・ダルトリーと前述のバック・コーラスの掛け合いは、ブルースのマナーだ。このコール&レスポンスが、ギターとベースで、間奏にて再現される。巷間「ロック史上最初期のベース・ソロ」と呼ばれる、ジョン・エントウィッスルのプレイがここで聞ける。そして最後の最後、貯め込んだエネルギーを全解放する「あばれ太鼓」はキース・ムーン。彼の乱れ打ちにタウンゼントのフィードバック・ギターがのっかって、そして、なにもかもがぶっ壊れる……というのが、おおよその全体像だ。「パンク・ロックの始祖」と評されることもある、激しさ満点の「荒々しい」ロック――いや「マキシマムR&B」がこれだ。

10代でいることの苦悩の本質が、当曲では見事に要約されている。ゆえにキー・フレーズの「年取る前にくたばりたい(I hope I die before I get old)」との一行は、歌の主人公はもちろん、バンド・メンバーや聴き手をも含む「自分自身」にまず、突き刺さってくる。だれでも(生きてさえいれば)「10代だった自分」は存在するからだ。それは一度通り過ぎても、いつまでもつきまとってくる。まるで亡霊のように。固有の痛みとともに。

(次回は12位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも喜んでいます!
21
出版社・光文社の新書編集部です。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」は、常時投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 98本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。