新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

助かった…!自宅勤務でメンタルが折れたときに効いた1冊

こんにちは、光文社新書の藤です。

弊社も自宅勤務推奨中でして、私事ながら1カ月近く自宅で作業をしております。
「通勤→出社→人と会う」という長年の習慣が変わったから? 育児と仕事の並走の疲れか(常に声と音で満ちている家庭内)? 先日、ふと心が折れました。
丸一日近く暗い部屋のベッドの上で動けず。「これはやばいぞ」と自覚はありながら心が闇をさまよいました…。

幸い2日くらいで収まったのですが、すぐそこにある自宅勤務の危機…。メンタル不調! 怖い…!

そんな時に救われた一冊がこちらです。
辛酸なめ子先生の『大人のコミュニケーション術』

久々、文字を読んで声に出して笑えました。そうでした、文章ってこんなメンタルも救ってくれる娯楽なのでした。基本を再認識しました。


※ちなみに現在の自宅勤務のリアル。物置代わりの一室はこんな感じです。

ファイル_001 (12)

物置部屋写真/①テント。自宅勤務初期に子供に人気でした/②ホットプレート。たこ焼きの作り置きに活躍/③段ボールの山。子供たちの自宅工作用に取り置くもブーム下火に/④金魚を飼っていた名残/⑤プリンター。仕事道具。出力した原稿は③の段ボールの山を乗り越えて取り出します。


文字を目で追う→笑う→解放感…!

本書を手に一人静かな部屋に籠って、ひっそりとページをめくり…拝読しましたところ…。文字を目で追いながら「ハハハ」と笑うという行為が自然発生しました。

その瞬間の解放感…。

「文字を目で追いながら一人で笑っている自分」を取り戻せたことで、メンタルがかなり楽に…!

ファイル_001 (10) (1)

カバーイラストの2人の距離が絶妙です。パーティ会場でよくある「知り合いかな…?」「あれ、名刺交換したっけ…」くらいの状況でしょうか…。この空気感からもう癒されます…。

人の気配が嬉しい一冊です

本書、著者さんが参加した大人の飲み会・パーティー・同窓会・ホームパーティー(ホムパ)…での様々なエピソードがまとめておられます。

例を挙げますと…

・飲み会を楽しめない自分。
・大先輩からの下ネタトークに浄化される。
・ファッション系パーティーで「exactly」と「actually」の連呼を聞く。
・スピ系女子との魂年齢マウンティング。
・家庭用ロボットとの会話。


そこに描かれたどれもが、面白いのです…! そして溢れる人の気配…、嬉しい…!「こういう人、いる…」と相槌を打ち、「良いものを見せて頂きました…」と、神妙なものがこみ上げます。

個人的には、「タメ口コミュニケーション」に触れた項目が共感の嵐でした。著者さんが「たまに語尾をうやむやにしてタメ口と敬語の境界線を曖昧にする」ということを書かれており、非常に共感しました。

「LINEの寂寥感」について綴った項目では、「20代のLINEは『うーん』『まじか』などの短文とスタンプのやり取り」とあり、一方の40代(Nさん)は「たまに15センチくらいの長文を送る」と…。分かります、Nさん…、私もまったく同じです…。短文のLINEはいまだ慣れないです。

その他、本書には著者さんの鋭い観察眼で切り取られた、人々の愛すべき一面、様々な生態が詰まっております。
パラっとめくって、ちょっと読んでみると…、何かしら面白みのある人たちがいて、クスッと笑える…そんな一冊です。

電子書籍ならワンクリックで大人の社交場へ!

本書は電子書籍も出ておりますので、ご自宅に居ながらワンクリックで読書が可能! 思えば外出自粛で家族以外の人と会えていないのが、メンタルに良くなかったのかもしれません…!

こんな時だからこそ、人の気配に包まれて、笑顔になれる新書はいかがでしょうか。光文社新書、今“一押し”の一冊でした!


※辛酸なめ子さんのエッセイ『新・人間関係のルール』はこちらで連載中!

下記では、リモート飲み会のエピソードが描かれております…!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも感謝しています!
36
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

私の光文社新書
私の光文社新書
  • 77本

どんなに些細なことでも、どんなに短い言葉であっても構いません。お手にとったとき役立ったり、感動したり、人生が変わるきっかけになったりした光文社新書の1冊について、ぜひみなさんだけの言葉でつづられた文章をこのnote上にお寄せください。編集部員が拝見し、ピックアップさせていただいた記事をマガジンとしてシェアします。#私の光文社新書をつけるのをお忘れなく!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。