見出し画像

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.1

1冊の本は次の本の呼び水ーー。

読書の楽しみのひとつには、1冊の本を読んでいると、すぐに次の本を読みたくなるということがありますよね。それは同じジャンルの関連書だったり、本文中に引用されている本だったり、あるいは著者や訳者の他の作品だったり。

この「#勝手に社内リレー」は、そんな読書の醍醐味を表現すべく、光文社古典新訳文庫のツイートを受けて、光文社新書がそれに「勝手に」ひもづけて、あるいはこじつけて既刊本をご紹介していくものです。ま、いささか切ない片想いみたいなものなんですが(笑)。

ごく一部に熱烈に支持してくださる方がいることに気をよくし、ここに連載という形でマガジンにまとめることにしました! 以後、ご愛読いただければ嬉しいです!

『猫とともに去りぬ』→『猫を助ける仕事』

担当の自己採点★  猫が可愛いですね😍初回なので、まだ何のひねりもない…。精進します。


『虫めづる姫君』→『昆虫はすごい』

担当の自己採点★★   いま見返すと、シンプルながら意外と悪くないかも(笑)。


『マクベス』→『アイロニーはなぜ伝わるのか?』

担当の自己採点★★★  『アイロニーはなぜ伝わるのか?』の帯コピーは、実はこの『マクベス』の魔女の台詞へのオマージュなのでした。


『戦争と平和』→『戦争の社会学』

担当の自己採点★  これももうちょっと頑張らないといけなかったです…。猛省。


『とはずがわり』→『はじめての不倫学』

担当の自己採点★★★  ここからちょっと文言をひねり始めました。


この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも喜んでいます!
24
光文社新書の公式noteです。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」は、常時投稿をお待ちしています!