見出し画像

【名言集】光文社新書の「#コトバのチカラ」 vol.11


三井誠『ルポ 人は科学が苦手』

画像1

温暖化を疑う姿勢は、その人の「知識のあるなし」に由来するのではなく、その人の「思い」から生まれているのだ。「知識のあるなし」ではなく、その人の考え方を支配する「心情的なバイアス」に注目する必要がある。論理的かつ冷静に「知識がないからでしょ」という見方では、対話は前に進まない。

坂口幸弘『喪失学』

画像2

重大な喪失は決して他人事ではなく、誰もが経験するものである。何かを得ることと何かを失うことは表裏一体であり、人生のさまざまな岐路において獲得したものもあれば、喪失したものもある。

池内紀『東京いいまち 一泊旅行』

画像3

東京一泊旅行はまた、「記憶の忘れもの」をひろっていく小旅行だ。日常だと気づかないものが、「一泊」という余分の時間のおかげで、ふと見えてくる。

的場昭弘『マルクスだったらこう考える』

画像4

労働者は資本ではありません。無限の上昇を期待すればするほど、本来労働者がもっているはずの人間性が失われ、資本に完全に包摂される機械になっていくのです。その意味で、賃金の上昇は、むしろ「ほどほど」がいいのかもしれません。

遠藤秀紀『人体 失敗の進化史』

画像5

ヒト科の四肢の作り変えは、一動物としてはきわめて高水準の完成品ではあった。ところが、"予定より"精神的に高度な生活を送るような動物になってしまったヒトは、肩こりを増長し、しかもそれを医療費に化けさせていくほどの世の中を、地球上に確立してしまったのである。

薬師院仁志『日本語の宿命』

画像6

横文字を縦にする努力を積み重ねてみても、それが正しく実を結ぶとは限らない。むしろ、言語的に一種のガラパゴス状態にある日本語世界では、考案された訳語そのものが日本語として一人歩きし、独自の意味や用法を発展させてしまうこともあるのだ。

不動まゆう『灯台はそそる』

画像7

夜になれば世界の端っこに
キラキラと明かりが灯る。
その光は時を超え、
私たちの歴史を照らすーー








この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

いい本とのいい出会いがありますように!
23
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

コトバのチカラ
コトバのチカラ
  • 24本

ページをめくっていると、何度も読み返したくなる一節に出会うことがあります。それは時に、その一冊を凝縮したかような力をもった言葉でもあります。光文社新書のラインナップの中から選りすぐりの「一節」をご紹介していく連載です。毎週土曜更新。Twitterでも毎日アップしています!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。