新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

Kindle日替わりセール! 原田曜平『Z世代~若者はなぜインスタ・TikTokにハマるのか?~』50%OFF!499円【5月1日】

光文社、電子書籍担当の佐藤でございます。
kindle日替わりセールで、
原田曜平『Z世代 若者はなぜインスタ・TikTokにハマるのか?』が
本日5月1日(土)限定、通常時1012円(税込)が50%OFFの499円(税込)!
24時間限定の特別価格です!

Z世代を理解するキーワードは「チル(まったり)&ミー(自己承認欲求、発信欲求)」――Z世代は「ゆとり世代」と何が違うのか? 世代人口が少ないにもかかわらず、なぜ発信力・拡散力が巨大なのか? なぜコロナ禍でも予想外に消費金額が大きく、人材として「ダイヤモンドの卵」と呼ばれるのか? Z世代=「スマホ第一世代」を若者研究の第一人者が徹底分析。


まず、Z世代とは?というと、10代前半から25歳くらいまでの世代、1995年~ゼロ年代生まれを指すそうです。
だいたい、中高生~新社会人くらいでしょうか。
もはや40代の自分は彼らを「若者」と一括りにしがちですが、本書は豊富なデータで他世代との比較をしつつ、若者たちの嗜好、傾向を読み解いていきます。
特に、SNSに慣れ親しんでいる彼らがどのような比重でSNSを活用しているのか、そしてその傾向や使い方の分析データは貴重です。SNSを牽引しているのは彼ら世代であろうと察せられるのですが、なかなか把握できない、その実態のデータが詳らかになっているのです!

目次を御覧いただきましょう!(勉強になります…!)

目  次
はじめに――これからの消費の主役
10代前半~25歳くらいの世代/Z世代と脱ゆとり世代/Z世代理解が重要な理由

1章 なぜ今、日本でZ世代なのか?

日本には少ないZ世代/①平成からの反動/軽視されるようになった若者/テレビ業界に見る若者軽視の歴史/「老後2000万円問題」と「2025年問題」/インターネット広告費がテレビ広告費を超えた理由/平成の高齢化と令和の高齢化の違い/視聴率の測定の変更と「お笑い第7世代」/「東大王」「私の家政夫ナギサさん」/②「生活のデジタル化の進展」の影響/中高年向け商品でもZ世代を無視できない理由/③新型コロナウイルスの影響/「愛の不時着」/「ドルチェ&ガッバーナ」とタピオカブーム/④人材不足の問題

2章 「ゆとり世代」との違いから見る「Z世代」の特徴

「ゆとり世代」は「消費離れ」と「同調圧力」/暗い時代が生んだ「消費離れ」/携帯電話と「同調圧力」/「新村社会」と「mixi八分」「KY」/「ダイヤモンドの卵」/「逆求人」サイトの誕生/「chill(チル)」という価値観/「チル」を象徴する「シーシャ」ブーム/「ガラケー第一世代」と「スマホ第一世代」の違い/強い「自己承認欲求」「発信欲求」/「闇バイト」「大麻使用」と同調志向/「連れション離職」「連れション就職」「連れションバイト」/「ヤラセのいいね」/見えにくいZ世代の「自己承認欲求」「発信欲求」/つながることより発信がメイン/高い一人っ子比率と成人男性の母子密着現象/いつの時代も若者は自意識過剰だが……/「9割褒めて1割は改善提案」/「いじり」を受け付けない/「自己承認欲求お化け」/「ミー意識」/「スモールライフ」の「ゆとり世代」、「チル&ミー」のZ世代

3章 Z世代と消費トレンド

「間接自慢」/「間接自慢」と「匂わせ」/「間接自慢暴き」/「間接自慢」と「診断シェア」/「そっくりさん」アプリと「赤ちゃんフィルター」/「診断シェア」を使った広告プロモーション/「映えピク」/「若者の海離れ」から「海ピク」へ/「カフェピク」/「映えピク」=オシャレなピクニックの総称/「チェンジング」/「見た目変」/「4新」/1 「新時代」/①「8%映え」/②「平成懐古」/③「睡眠」と「リラックス」/2 「新切り口」/①「時限フード」「時限コンテンツ」/②情緒ネーミングと過剰ネーミング/3 「新インスタ映え」/「インスタ映え」「インスタ萎え」の後に/①「匿名映え」/②「自撮り免罪符」/「ぶりっ子免罪符」/③「偏見ペルソナ」/④「フェイク飯」/⑤「高さ映え」/⑥「はかな萌え」/4 「新タブー」/①「無性限」/②「死考」

4章 Z世代の「メディア生活」

高校生以上のスマホ所有率はほぼ100%/SNSの王様はツイッター/情報拡散のキーはZ世代女子/若者はツイッターのアカウントを平均2.11個持っている/「裏垢」と炎上体験/インスタグラムはツイッター以上に女子のもの/インスタグラム・ストーリーズについて/最も投稿されやすいSNS/SNSは「一投入魂」/インスタのフィード投稿との違い/フェイスブックは働く若年女性のビジネスツール/フェイスブックは若者の間でダウントレンド/TikTokはZ世代女子のもの/テレビとYouTube/習慣からコンテンツへ/テレビとYouTubeの棲み分け/Z世代の夜の可処分時間の取り合い/動画配信アプリの3強/若者のコミュニケーションツールはLINE一強/ミドルの利用率が高いマスメディアとそのデジタル版/ラジオは若年層で最も伸びたマスメディア/新聞と雑誌のデジタル版について/Yahoo!ニュースは中年にとっての新しいマスメディア/デジタルメディアは若年層でもミドルでも伸びている/Z世代と広告――「広告接触率(週1)」という新たな指標/本当は広告は見たくないけれど……/広告接触率が低いLINE、高いストーリーズ

5章 Z世代への新型コロナの影響

新たに生まれた六つのニーズ/1 「ニアリアル」について/2 「0密遊び」について/3 「超家充ニーズ」について/「ワンマイルウェア」/「お家カフェ」について/4 「マスク盛り」について/5 「インフルエンサーワナビー」について/6 「コロナワード」について/新型コロナによってZ世代が変わったこと/若い世代ほど収入が減少/最も増えたのは「テイクアウト」、減った「非日常消費」/10代は自粛期間中も実店舗での消費が増加/オンラインショッピングは消費増加/強いYouTube/「動画配信アプリ」について/就業意識の変化/社会意識、政治意識の変化/若者の間では政治不信は高まっていない/パーソナル政治意識/令和の消費の主役

6章 Z世代をつかむツボ

「ネクストチル」と「ネクスト映え」/「チル映え」/「安かろう映えろう」/「動画映え」/「ジェンダーレスクール」/「ジェンダーレスクール」の象徴/韓流ブーム/韓流から華流へ/「チャイボーグ」/ファッション×意識高い系/「プチ」マーケティング/「コールアウト」と「キャンセルカルチャー」/「インフルエンサー未満」「超共感」「Flawsome」

おわりに  

2019年上半期 トレンド辞典 
2019年下半期 トレンド辞典 
2020年上半期 トレンド辞典 

結構なボリュームでしたが、データやグラフが多いため、一日で読み切ることができます。そして「なんとなく知っていた」ことが、リアルになるほどそうかと着地するのです。非常に勉強になりました。
そして本書はただ、若者のSNS生態を詳らかにするだけではなく、ビジネスとして若者に注目するべきであることを説き、どのように展開すべきなのかを教えてくれるのです。
下記記事でもご紹介しております。

そんな本書が、本日、限定、kindleさまで499円!通常は1012円ですが、半額以上となっておりますので!是非ともお買い上げいただきたく……!

どうぞよろしくお願いいたします!

光文社、電子書籍の佐藤がお届けいたしました。
どうか、皆様、楽しいGWをお過ごしくださいませ。
GW中もお得な電子書籍情報をお届けする予定です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんともども心から感謝しています!
光文社新書の公式noteです。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」は、常時投稿をお待ちしています!