見出し画像

【50位】エルヴィス・プレスリーの1曲―「光あれ」と命じた声をキングが聞いた、混沌から超大陸が生じた

「ハウンド・ドッグ」エルヴィス・プレスリー(1956年7月/RCA/米)

画像1

Genre: Rock 'n' Roll
Hound Dog - Elvis Presley (July, 56) RCA, US
(Jerry Leiber and Mike Stoller) Produced by Elvis Presley and Stephen H. Sholes
(RS 19 / NME 263) 482 + 238 = 720 

マジック・イヤーである56年にリリースされた、天地創造級のウルトラ・ヒットがこれだ。エルヴィス・プレスリーの代名詞的ナンバーであることはもちろん、ロックンロールの基本性能、未来性、圧倒的な「勢い」を世界中に強烈に発信したという点で、歴史的な1曲ともなった。RCAからメジャー・デビューした彼の、第3弾シングルだった。

まずは数字から見てみよう。ビルボードHOT100の1位は当然。そこに11週連続駐留、次のシングル「ラヴ・ミー・テンダー」がその座を奪うまでのあいだ占拠したのだが、これは92年にボーイズ ll メンに破られる(13週)まで、史上最長の記録だった。だから56年の米年間シングル売り上げ1位は当曲で、2位に「ラヴ・ミー・テンダー」が入る。

当シングルはアメリカ国内だけでまず400万枚を販売。この時代にこの数字は、異常だ。だから、なんと、この年のRCAのレコード売り上げの「およそ半分ほど」はすべてエルヴィス関連だった、という。わけがわからないほどの大ブレイクだった、と言うほかない。ちなみにカップリング曲が「冷たくしないで」だったというのも、すごい。

この曲を最初に録音したのは、偉大なるブルース・シンガー、ビッグ・ママ・ソーントンだった。のちに「監獄ロック」(56位、57年)をエルヴィスに書き下ろす、ユダヤ人のソングライター・コンビ、リーバーとストーラーがこの曲を書き、彼女のプロデュースもした。53年に発売された同シングルは、R&Bチャートの1位を記録。粘っこいリズムの、見事なる1曲だ。もちろんエルヴィスもこのヴァージョンを知っていて(シングルを持っていたそうだ)、さらにはフレディ・ベル&ベルボーイズのヴァージョンを参照して、自分のものを作り上げた。結果、ビッグ・ママ版とは遠く離れた仕上がりとなった。

これは「女たらし」の男を非難する歌だ。ゆえにビッグ・ママ版では、女性が男性に「なめんじゃないよ」と詰めるスタンスだ。ここをエルヴィス版では、軟派な男を同性として「たしなめる」ようなタッチへと、変えきっている。この変更は、エルヴィス本人がおこなった。さらに大幅に歌詞を簡略化して「繰り返し」を多くした。ブルースというよりも、飛び跳ねるかのごとき軽快さを強調した。そして「見た者全員がびっくりした」ステップ込みで、ライヴなどで披露した。ステージの最終曲の定番で、歌い出した瞬間に、いつも暴動みたいになった、という。まさに「マルチ・レイシャル」な経路を通じて、最後に大爆発を起こした奇跡の一端が、このとき「ロックンロール」最初期の象徴となった。

(次回は特別コラムです。お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

いい本とのいい出会いがありますように!
11
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 81本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。