見出し画像

【54位】デヴィッド・ボウイの1曲―俺節の裏マイ・ウェイで、「変・身!」とポーズを決めて

「チェンジズ」デヴィッド・ボウイ(1972年1月/RCA/米)

画像1

※画像は西ドイツ盤ピクチャー・スリーヴです

Genre: Art Pop, Rock
Changes - David Bowie (Jan. 72) RCA, US
(David Bowie) Produced by Ken Scott and David Bowie
(RS 128 / NME 162) 373 + 339 = 712

必殺フレーズ「チ・チ・チ・チ・チェーンジーズ!」でお馴染み、デヴィッド・ボウイのテーマ曲みたいなナンバーがこれだ。ロック史に永遠に残る不世出の芸術的巨人の彼が、自らのアーティスト人生を「こうするのだ!」と宣言したマニフェスト文とも言える。ライヴの定番曲であり、06年の引退公演で最後に演奏されたのも、この曲だった。

ボウイのアーティスト人生とは「変わり続けること」と同義だった。「違う男にならなきゃ。時間が僕を変えるかもしれない。でも僕は時間に逆らえない」との意味が歌詞にあるように、彼はペルソナを変え続けた。そして「転じて『異質なもの』と向き合え(Turn and Face the Strange)」と自らに課すことの連続のなかから、ロック音楽を未来的な総合芸術の域にまで高めていった。だから全ロック・ファンは彼に恩義がある。

という出発点となったこの曲では、傑出したシンガー・ソングライターとしての才気が、まず見てとれる。本人いわく「ナイトクラブ・ソングのパロディ」調の曲想を、この上なく美しくピアノで展開したのは、直後にイエスの一員となる名手リック・ウェイクマンだ。

当曲はボウイの4枚目のアルバム『ハンキー・ドリー』(『教養としてのロック名盤ベスト100』では28位)のオープニング曲だった。そして同作の4曲目までが(「ピアノと歌」のナイトクラブ調で)ゆるやかな連作関係となっている。つまり、あの「ライフ・オン・マーズ?」までだ。だからこの曲も「裏マイ・ウェイ」の一幕と見るべきなのだ。

フレンチ・ポップの曲「いつものように(Comme d'habitude)」がポール・アンカの英詞を得て「マイ・ウェイ」になって大ヒットしたのは有名な話だが、じつはアンカ以前にボウイも詞を書き、音楽出版社に提出していた。しかしボツにされていた。このことを根に持った彼は、「マイ・ウェイ」と同じコード進行で「ライフ・オン・マーズ?」を書いたのだが、この「チェンジズ」にも「仕返しの魂」は大いに波及している。そこが「人生は『変化してなんぼ!』」というテーマにつながった。さらに、ザ・フーの「マイ・ジェネレーション」や、ディランの「時代は変わる」にも大きくインスパイアされていた。

当曲のシングルはイギリスではチャート・インせず、ビルボードHOT100では66位止まりだった。しかし、すでにこの時点でメンツが揃いつつあったバンドを引き連れて、次作『ジギー・スターダスト』でボウイは天下を獲ることになる。つまり、まるで変身ヒーローが「変わるための掛け声」を発している瞬間みたいなナンバーこそが、これだった。

(次回は53位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

今後とも光文社新書をよろしくお願いします!
13
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています。

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 56本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。