見出し画像

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.3

光文社新書のTwitterで月〜金につぶやいている「#勝手に社内リレー」を厳選プレイバックしていくこちらの連載。光文社古典新訳文庫のツイートを受けて、光文社新書がそれに「勝手に」ひもづけて、あるいはこじつけて既刊本をご紹介していきます! 担当の「勝手な」ふり返り付き。

『ボートの三人男』→『崖っぷち高齢独身者』

担当の自己採点★★★★ うまく打ち返せたのではないか、と自画自賛しておきます(笑)。『ボートの三人男』はヒマな浪人生のときに出会った丸谷才一訳以来でしたが、当時ニヤッとした記憶を思い返しながら、楽しく新訳を読ませていただきました。


『ケンジントン公園のピーター・パン』→『一億総ガキ社会』

担当の自己採点★★★★ このあたりから、自分なりに「勝手な」つぶやきのコツをつかみ始めたような…?笑 何にせよ写真が素敵で、あれこれ想像力を働かすのが楽しかったです。


『薔薇とハナムグリ』→『目の見えない人は世界をどう見ているのか』

担当の自己採点★★★ 自分の心が本当に綺麗かどうか、いまだ懐疑的でいます。


『ジェイン・エア』→『女性リーダーが生まれるとき』

担当の自己採点★★ ぼくの返しがいたって普通で申し訳ないのですが、『ジェイン・エア』と『女性リーダーが生まれるとき』は、「#DontBeSilent」の時節柄、しっかりと押さえておきたい一冊です。


『ほら吹き男爵の冒険』→『好きになられる能力』

担当の自己採点★★★ 好かれる理由ってものは、個別の例を見ると、いつだって納得できるようなできないような。


この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも感謝しています!
13
光文社新書の公式noteです。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」は、常時投稿をお待ちしています!