見出し画像

教養としてのロック名曲ベスト100【第3回】98位のナンバーは? by 川崎大助

「リハブ」エイミー・ワインハウス(2006年10月/Island/英)

画像1

Genre: Soul, R&BRehab - Amy Winehouse (Oct. 06) Island, UK
(Amy Winehouse) Produced by Mark Ronson
(RS 194 / NME 350) 307 + 151 = 458 

リハブとは「リハビリテーション(Rehabilitation)」の略だ。冒頭でいきなり、こんなふうに歌われる。「リハブに行かせられかけたんだけど、でも私はノー・ノー・ノーって」。アルコール依存症かドラッグか、両方なのか。治療のため施設に入れという周囲の声を主人公は振り切る。大丈夫大丈夫、とか。家がいいとか忙しいとか、言い逃れする。しかも曲調と合わせて、軽快に。ダルそうなれども、陽気に。そしてまた冒頭のフレーズが繰り返される……。

という内容は、この曲を書いて歌った英アーティスト、エイミー・ワインハウスの「生活そのまんま」を活写した実録的なものだった、という。彼女は「このまんま」の日々をつらぬきとおして、愛されて、そして当曲のたった5年後に急性アルコール中毒で死亡する。

このナンバーは、彼女の第2作にして最後のアルバムとなった『バック・トゥ・ブラック』(06年)に収録された。リード・シングルとして発売され大ヒット。全英7位、米ビルボードHOT100で9位を記録。グラミー賞を含む多数の音楽賞も獲得。当時23歳だったワインハウスは、まさに未来を嘱望された大器、ダイヤモンドの原石として国際的な注目を集めた。

彼女のヴォーカルに、まず人は耳を奪われた。深い情感と、粘っこく熱いソウルの息吹きを濃厚に感じさせるその歌声は、ある意味時代遅れだった。エタ・ジェームズ、エラ・フィッツジェラルドといった、伝説的なブルース、ジャズ・シンガーとよく比較された。

といっても、お上品に「古いもの」の作法を踏襲したわけではない。いや「そうはできなかった」ところにこそ、彼女最大の魅力があった。破調なのだ。生まれついてのロッカー体質というか、「息吹き」の各所が気ままに「ぶっ壊れる」感じ。ここに現代性があった。

ゆえに、DJにして名プロデューサーのマーク・ロンソンのこの曲におけるプロダクションは、見事に当たった。ガール・グループ調の古典的ソウルのリズムを強化したみたいなトラックの上で、ワインハウスは自由自在に、「自堕落な主人公」の言い訳三昧を、楽しげに滔々と吐露し続ける。ちなみに曲中で「いっしょに家にいるほうがいい」と歌われている「レイ」とはレイ・チャールズのこと。「ミスター・ハサウェイ」はダニー・ハサウェイのことだ。

ポピュラー音楽界最大級の生きるレジェンド、米歌手のトニー・ベネットもワインハウスの個性を愛した。アルバム『デュエッツⅡ』(11年)では彼女を招き、スタンダードの「ボディ・アンド・ソウル」で共演した。この曲のシングルは、同年7月23日の彼女の急逝直後、9月14日にリリースされた。それはワインハウスの28歳の誕生日となるべき日だった。

(次回は97位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

ありがとうございます!
7
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」と一緒に首をなが~くして投稿をお待ちしています。