見出し画像

ひとり芋煮会|パリッコの「つつまし酒」#96

「はあ、今週も疲れたなあ…」。
そんなとき、ちょっとだけ気分が上がる美味しいお酒とつまみについてのnote、読んでみませんか。
混迷極まる令和の飲酒シーンに、颯爽と登場した酒場ライター・パリッコが、「お酒にまつわる、自分だけの、つつましくも幸せな時間」について丹念に紡いだエッセイ、それが「つつまし酒」。 
そろそろ飲みたくなる、毎週金曜日だいたい17時ごろ、更新です。

明日は芋煮だ!

 東北地方の秋の風物詩に「芋煮会」がありますね。家族や友達と河原などに集まり、大鍋でサトイモ、牛肉、ネギ、こんにゃくなどを煮て、それをつつきつつ宴会をするという噂の。
 若い頃は、お花見やバーベキューと比べてなんだか地味に感じることもあり、なんで芋煮? なんて思ったりもしてしまってたんですが、ああいうものは、歳を重ねるごとにしみじみと美味しく感じるようになってくる。ぜひとも一度、芋煮会ってのをやってみたい。いつからか、そんな思いを抱くようになりました。 
 ところで先日、仕事で埼玉県の飯能市を訪れる機会があったのですが、その前夜、突然ひらめいたんですよね。「明日は芋煮だ!」って。飯能は自然豊かな街で、入間川沿いの「飯能河原」では火器の使用も許可されており、気候のいい時期にはバーベキュー客で大変なにぎわいとなります。というのは以前「突然の野外鍋焼きうどん」の回でも書いたか。
 もう秋は過ぎ、冬も終わりに近づいているけれど、最近、日中は日差しがポカポカと暖かいことも増えてきた。予報を見ると明日は天気も良さそうだ。絶好の芋煮日和じゃないか! と思ったわけなんです。
 コロナの影響で、大勢で予定を合わせて集まったりはできないけれど、ひとりで好きにやる芋煮会ならば、むしろこのご時世向きの楽しみと言えるでしょう。はたしてそれは「会」なのか? という疑問は残りますが、とにかく楽しそうだ。
 というわけで当日、午前中からの仕事をつつがなく終え、いよいよひとり芋煮会のスタートです。

芋煮会に関するさまざまな気づき

 今日家から持ってきたのは、コンパクトな折りたたみテーブル、鍋、コンロ、取り皿用のカップ、小さなナイフとまな板。なるべく身軽でいたかったので、食材はすべて現地調達の方針にしました。
 なので、まずは駅ビルのスーパーで買い出し。必要なのはえ〜と、サトイモ、牛肉、ネギ、こんにゃく。それからめんつゆがいるな。おっと、酒を忘れるわけにはいかないぞ。それから、芋煮ができるまでの間用の軽めのつまみ。そのくらいかな? あ、シメのうどん玉もだ! なんてあれこれ買い込み、徒歩10分ほどの河原まで移動。ここで今回ひとつめの気づきがありましたね。ひとり芋煮会、荷物運びを分担してくれる人がいないので、荷物がめちゃくちゃ重い!

画像1

手がちぎれるかと思った

 冬の終わりの平日の河原には、人出はほとんどありませんでした。なので無事、トイレや水場が近い場所に陣取ることができ、準備開始。が、ここでもまた新しい気づきが。大きめのサトイモが4つ、ぶっといネギが2本、こんにゃくが1枚。これでもスーパーで売られていた最小単位なんですが、とてもひとりで食べきれる量じゃないですよ。ひとり芋煮会、食材が余る!
 続いて小さなテーブルの上に乗せたさらに小さなまな板の上という、限られたスペースでの食材の仕込みを始めます。これがまた、ものすご〜く大変。特にサトイモの皮むき。自宅だったら一度ゆでたり電子レンジを使うなどして、つるんっとむく方法も使えますが、ここは容赦なき屋外。ひとり芋煮会、家で仕込みしてきたほうが圧倒的に楽! ……って、もう気づきの話はいいですね。

画像2

不格好ながら、なんとか準備完了

こんなに楽しいことを隠してたんですね

 下ごしらえが終わった野菜類を鍋で煮つつ、いよいよ飲み始めましょう。
 今日の一杯目は「さつま白波ハイボール」。はい。芋煮に合わせて芋焼酎を使ったハイボールを選んでみました。これを、つなぎにしては立派すぎるスモークサーモンをつまみにゴクゴクっとやれば、目飛びこんでくるのは真っ青な空。う〜ん、まだ芋煮ができてないうちからすでに最高だぞこりゃ……。

画像3

湯気を眺めながら飲んでるだけでもいい

画像4

日差しが暖かくて上着脱ぎました

 しばらく鍋を煮込んだのち、目分量でドボドボとめんつゆを投入。再び沸騰したら、いよいよ肉を加えていきましょう。また、今日買ってきた牛肉が、どう考えてもお買い得だったんですよね。脂身と赤身の対比が美しい国産牛肉の切り落とし218g。なんと税抜き300円! 

画像5

「広告の品」だそうで

 なにしろひとり芋煮会ですからね。この牛肉、ぜ〜んぶひとりじめですよ! あはは、楽しいなぁ、もう。

画像6

牛肉率高すぎの芋煮となりました

画像7

いただきます!

 いざ本番。欲望のおもむくままに芋煮をむさぼっていきましょう。まずは主役のサトイモから。まだほんのりサクッとした食感が残っていて、だしも染みきっていないんだけど、だからこそ素朴な芋自体の味わいが感じられる。こういうのがしみじみとうまいんだよな〜、いよいよ。大好きなネギもたっぷりで幸せだし、こんにゃくの名脇役っぷりもさすが。そして何より牛肉! 柔らかくて、上品な旨味たっぷりで、つゆのカツオだしの香りとのハーモニーがまたいいんだ。は〜幸せ。完全に到来したな、芋煮の時代。

 さて、鍋の最後のお楽しみといえば、やっぱり“シメ”。おおかたの具を食べ終わりうどん玉を投入しようと思うんですが、なんでも聞くところによると、本場東北の芋煮会では、そこにカレールーを加えた「シメカレーうどん」が流行っているのだとか。想像しただけでたまらんですよね? そんなの。というわけで実は、スーパーでカレールーも買っておいたんだ〜。

画像8

シメはカレーうどんで!

 お酒はこのタイミングで日本酒にチェンジ。さすが埼玉県というか、スーパーで秩父の地酒「秩父錦」のカップが売られていたので、そちらを。
 鍋をつかんで、直接ずるずるとうどんをすする。あ〜はいはい。豪華食材から出ただしがたっぷりと効いた、和風のカレーうどん。うますぎるわ。いつのまにやらとろりと熱が通り、もはやペースト状と言ってもいい食感のサトイモにカレー味が染み込み、日本酒のつまみにも最高すぎますよ。

 うん。なるほどね。こんなに楽しいことを隠してたんですね。東北地方の人たち。いや〜、気づくのが遅かったなぁ。お〜い! 沖縄とか九州の人たちも、あのさぁ、こんど芋煮会やってみなよ! めっちゃくちゃ楽しいから!

パリッコ(ぱりっこ)
1978年、東京生まれ。酒場ライター、DJ/トラックメイカー、漫画家/イラストレーター。2000年代後半より、お酒、飲酒、酒場関係の執筆活動をスタートし、雑誌、ウェブなどさまざまな媒体で活躍している。フリーライターのスズキナオとともに飲酒ユニット「酒の穴」を結成し、「チェアリング」という概念を提唱。
2020年9月には『晩酌わくわく! アイデアレシピ』 (ele-king books)、『天国酒場』(柏書房)という2冊の新刊が発売。『つつまし酒 懐と心にやさしい46の飲み方』(光文社新書)、『酒場っ子』(スタンド・ブックス)、『晩酌百景 11人の個性派たちが語った酒とつまみと人生』(シンコーミュージック・エンタテイメント)、漫画『ほろ酔い! 物産館ツアーズ』(少年画報社)、など多数の著書がある。Twitter @paricco


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

いい本とのいい出会いがありますように!
44
光文社新書の公式noteです。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」は、常時投稿をお待ちしています!