見出し画像

「オッス。おいらバッタのバ太郎。」――『ウルド昆虫記 バッタを倒しにアフリカへ』を刊行します。

画像1

オッス。おいらバッタのバ太郎。草を食べるのが大好きなんだけど、アフリカにいるおいらの仲間・サバクトビバッタが草を食い荒らして、みんなを困らせていて肩身が狭いんだ。(引用。書籍ではルビがついています)

――この書き出しで始まるのが、5月20日発売の『ウルド昆虫記 バッタを倒しにアフリカへ』(前野ウルド浩太郎著)です。

新書大賞2018を受賞した『バッタを倒しにアフリカへ』(光文社新書)をベースに、小学校3年生以上で習う漢字は総ルビ、著者による用語解説付き、新エピソードを二つ追加、オールカラー、A5判で再登場します。「子どもにも読ませたい」との多くの声にお応えし、ようやく実現の運びとなりました。 

発売を前にかる~く内容をご紹介したいのですが、本書で活躍するのが、バッタのバ太郎です。

画像2

このバ太郎、頭部は著者の前野さんがデザインし、胸部、腹部、脚部は、実弟でグラフィックデザイナーの前野拓郎さんが担当しています。

「この顔、どこかで見覚えがあるな」と思った方、鋭い! 前野さんのツイッターのアイコン等でお馴染みでした。

画像3

今回、弟さんのとの合作により、全身が完成したわけです。

では、そんなバ太郎の役目は何か? 本人に語ってもらいましょう。

せめてもの罪滅ぼしとして、この本で使われている難しそうな言葉の説明をして、みんなの読書のお手伝いをするよ。
ただ、せっかくの説明なのに、もっと難しい言葉や英語を使ったりして、みんなをさらに困らせるかもしれないけど、なんとなくわかったつもりになったらOKだよ。そもそも大人向きに書かれた本だから、自分の読書力がどんなものか試してみてね。
(引用。書籍ではルビがついています)

子どもにはちょっと難しい言葉を説明するのが、バ太郎の役割だったのですね。

・・・しかし、光あるところには必ず影あり。こんなキャラクターも出てきます。

画像4

悪いバ太郎です。本当に悪そうですね。

こんなこともしています。

画像5

アフリカ大陸が危ない! 悪いバ太郎とは何者か?

続きは書籍でご覧ください。5月20日をお楽しみに!

(明日はカバーイラストの魅力に迫ります。)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも喜んでいます!
20
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

光文社新書PLUS
光文社新書PLUS
  • 34本

小説、翻訳、写真集、コミック…新書の枠を超えて光文社新書編集部が制作した+αな本の魅力をお伝えしていきます。キーワードは「多様性」と「ワクワク感」。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。