見出し画像

【潜入レポート】大学生の私が光文社新書のプラン会議に参加してみた

こんにちは。大学3年、へっぽこ就活生の清水です。光文社新書編集部には、お手伝いとして月に何度かおじゃましています。

前回は、光文社と宣伝会議のコラボ講演、大松孝弘さん×山口周さん「ほんとうの欲求は、ほとんど無自覚」に参加しました。(その時も記事を書かせてもらいました!)

そして今回はなんと、新書編集部の企画会議を見学してみないか? とのお話!

します!!!させてください!!!!

新書がどうやって誕生するのか……気になる〜〜!! というわけで、実際に月イチで開かれているという会議の現場に突撃! し、失礼します……!

画像1

おお……皆さん勢揃い……

普段は各々のデスクで作業されているので、一堂に会しているとちょっと凄みがあります。勢いよく入ってきてしまったものの、そっとドアを閉じそうになりました。私はここへ来てよかったのだろうか……?

するとそんな私を見かねた編集長の三宅さんが、「今日はよろしくお願いします」とにっこり。

こ、こちらこそよろしくお願いしますう(涙)。

これは新書編集部のnoteで書いているからとか一切関係なく、編集部の皆さんって、穏やかで優しい方ばかりなんですよね……本当に……いつも……ありがとうございます……

私が感涙している間に、「じゃあ始めましょうか」と編集長のかけ声で、会議がスタート。「私から」と1人が手を挙げます。
なるほど、1人ずつこの1ヶ月間考えてきた案を発表するわけですね。

すると発表者の方が、小さい紙を何枚か、机の上に広げ始めました。それを皆さんが覗き込んでいます。

なになに? と私も覗いてみると……

画像2

へえ! 「タイトル+(お願いしたい)著者名」が書いてある! 企画案の段階から新書の表紙と同じ形で提出するんですね!(中身は企画段階なのでさすがに見せられません…ごめんなさい!)

これだけは固定ルールで、あとは皆さんそれぞれのスタイル。印刷した資料や参考書籍、雑誌を持ち寄ったり、タブレットで情報を見せたりして、1つずつ企画の説明をしていきます。

画像3

企画の生い立ちには、2パターンあるようです。編集者さん自身に「このテーマをやりたい」という思いがあって著者さんを探すテーマ先行パターンと、話を聞きたい人がいて、その人に合ったテーマを探っていく著者さん先行パターン。どちらも、熱がこもっています。

テーマの内容はとにかく、てんでばらばら! 言語、哲学といった学問的なものもあれば、鉄道、文具といった趣味モノ、さらにはあのお店の店主に話が聞きたい! なんていうかなりマニアックなものまで、多種多様です。

普段全く触れることのない分野の話も多くて、概要を聞いているだけでかなり楽しい! これを毎月繰り返していたら、どんどん趣味が増えそうです。恐ろしい……

画像4

「取り上げたいテーマ」探しは、やり方もなんとなく想像がつきます。
では著者さんって、どうやって見つけ出すんでしょうか?

お話を聞いていると、「最近出た◯◯っていう雑誌に寄稿されていたのを読んで」とか、「noteに子育ての記事で人気の方がいて」なんて言葉が。

皆さん、他の書籍から雑誌の連載、新聞の論考欄、そしてnoteやTwitterまで、あらゆる媒体のあらゆる文章を「書き手探し」の目線でチェックしているようです。

私自身、ノンフィクションの文章や記事を読むときは特に、取り上げられる「内容」が面白いかどうかばかり見ていて「この記事を書いている人」に注目したことって、あまりなかったな……

そうやって著者さん探しのために記事を読む中で、気になる別のテーマに遭遇することもあるといいます。やっぱり日々の好奇心と学習の積み重ねがものを言うんですね……自戒。

こうしてたくさん出た案に、編集長が1つずつGO/STOPのジャッジを下します。
テーマに話題性があるか、似たような内容の本が既に刊行されていないか。著者さんはどんな経歴を持っていて、どんな文章を書く人なのか。著者さんとテーマのバランスが取れているか、読者がどれだけ想定されるか、などなど……

そんな様々な判断基準がある中で、私が特に印象的だったのは『そのテーマを「新書」でやる意義があるか』といった主旨の言葉でした。

「新書=学術がベースにあるもの」。
たしかな知を得ながらも、面白く、楽しみながら読み進められる「新書」という形だからこそ、最大限に魅力を引き出せるテーマや書き手かどうか?

私が聞いていて「楽しそう!」と思った企画も、その言葉を聞いてから、たしかに新書だとベストじゃないかもと気付かされたりして……「新書編集部の編集者」だからこそ見える世界を垣間見たような気がしました。

それで、これをちょっとひねって新書だけじゃなく、「今日は雑誌記者になったつもりで」とか「今日は図鑑を作る人になって」といった風に、自分とは違う立場の人になりきって物事を見てみたら、普段気にも留めていなかったものが見えて面白そうだな〜! とひらめいて……

なので今日は、サブスク配信が解禁されてドンチャン騒ぎのaikoさんになりきって、帰り道を歩いてみようと思います。

私にもテトラポットとカブトムシを恋愛ソングにしよう!と思える日が……来る気が……

しない……

画像5

(企画会議見学レポート?、でした)

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんと一緒に喜んでいます!
43
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」と一緒に首をなが~くして投稿をお待ちしています。