見出し画像

【59位】ザ・フーの1曲―夢破れたあともなお、荒れ果てた路上にド派手なアンセムを

「ウォント・ゲット・フールド・アゲイン」ザ・フー(1971年6月/Track/英)

画像1

Genre: Hard Rock
Won't Get Fooled Again - The Who (June, 71) Track, UK
(Pete Townshend) Produced by The Who and Glyn Johns
(RS 134 / NME 175) 367 + 326 = 693 

最後の絶頂期に突入しつつあったザ・フーが放った、破格の大型ロック・アンセムがこれだ。同年8月にリリースされた5枚目のスタジオ・アルバム『フーズ・ネクスト?』(『教養としてのロック名盤ベスト100』では86位)の最終曲であり、短縮ヴァージョンが先行シングルともなった。全英9位、ビルボードHOT100では15位を記録した。

のっけから人々をぶっ飛ばしたのは、この「音」だ。のちの世のテクノ音楽を思わせる「機械的に、規則的に、ただただ鳴り続ける」オルガンのループ・フレーズが、ここまであからさまにポップ・ソング上で展開された様を、だれも聞いたことがなかったからだ。

これはアープ2500シンセサイザーでシーケンスをコントロールして、ローリー・オルガンを鳴らしたもの。このループに、メンバーそれぞれ、彼ら一流の「ド派手」なハード・ロック各種を次から次へと「衝突」させていく……という全体像のアイデア元は、もちろんピート・タウンゼントだ。いつも以上に、彼はいろいろ考えていた。

当時の彼は、国際スーフィズム運動の指導者ヒダヤット・イナヤット・カーンに傾倒していた。だからシーケンス部分では、カーンの著作『音と音楽の神秘主義(The Mysticism of Sound and Music)』における「普遍和音(Universal Chord)」理論の現実化を狙った。「その音」とは、ひとたび鳴らされたならば「人類は霊的な調和を回復する」という、とてつもない代物だという。これを探し求め、タウンゼントは情報を集めた。いろんな人の心臓の鼓動や脳波、占星術のチャートなどのデータを得て、数値化し、シンセのプログラムに置き直した――のだが、もちろん世の中は変わらなかった。だが逆説的に「世の中、そう簡単に変わらない」と歌うこのナンバーにとっての、無二のトラックとなった。

タイトルは「もう二度と騙されない」という意味だ(邦題の「無法の世界」は、ストーンズの「無情の世界」に引っ掛けただけなので、忘れたほうがいい)。60年代カウンターカルチャーの熱狂の大半は、このころ、あらゆる挫折ののちに色あせていた。革命を口走っていた奴もいたのに、しかしどこが「変わった」のか? いつもきれいごとばかり言う偽預言者めいた奴らには「もう」騙されないぞ――と、ここで歌われている。

だからつまり、この曲は「一度騙されたぐらいで、理想を捨てるかよ」と力強く宣言している、ということを意味する。夢破れたあとの「苦み」の上に立脚しつつも……という打たれ強さ、図太さが、当曲を70年代のザ・フーの、いや「70年代のロック」の王道ナンバーとした。

(次回は58位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

いい本とのいい出会いがありますように!
14
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 89本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。