見出し画像

【Kindle日替わりセール】サッカー店長の戦術入門/つながるための言葉【最大70 %OFF】

光文社新書

皆さま、こんにちは。電子書籍担当の佐藤です。
本日はKindle日替わりセールのお知らせです!しかも、2冊も!!!

2022年6月1日(水)Kindle限定日替わりセール


龍岡歩/サッカー店長の戦術入門~「ポジショナル」vs.「ストーミング」の未来~
通常価格 1,034円(税込)→→約52%OFF 499円(税込)

勝浦雅彦/つながるための言葉~「伝わらない」は当たり前~
通常価格 1,650円(税込)→→約70%OFF 499円(税込)

※システムトラブルのため、セール価格の反映が通常より遅れておりました。既にセール価格は反映されておりますが、ご迷惑をおかけいたしました。

それでは日替わりセール対象の2冊をご紹介いたします!

龍岡歩/サッカー店長の戦術入門~「ポジショナル」vs.「ストーミング」の未来~


FCバルセロナにてペップ・グアルディオラが革新的なフットボールを披露したのが2008年。以降、2010年代を通じて現代サッカーは「異常」と呼べるほどの飛躍を遂げ、もはやそれまでとは別次元の競技になっていった。その進化を象徴する言葉が「ポジショナル(プレー)」と「ストーミング」である。ペップ、クロップ、ナーゲルスマン……。10年代を代表する智将たちの戦いからひも解く、サッカー界の来し方と行く末。

サッカーへの愛がビシビシ伝わってくる本書……、どんな本なの?とご興味をもってくださった方はこのオトクな機会に是非。
いやいや、まだまだわからない、という方には、下記ページで公開されている、本書のまえがきを是非お読みくださいませ…!

ふむふむなるほど、これは読まなきゃ!という方にはぜひぜひ、Kindle日替わりセールへようこそ!!
まだまだ、あとちょっと背中を押してほしい、という方には…、担当編集、高橋さんの編集後記をお読みいただきたく……!

いかがでしょうか?サッカーにご興味のある方もない方も、ぜひぜひに!!
本日限定の大変お得なKindle日替わりセールをどうぞご利用くださいませ!


勝浦雅彦/つながるための言葉~「伝わらない」は当たり前~

本書では、今を生きるみなさんが日常生活の中で必要になる「ひとこと」を、シチュエーション別に分けて章立てをしてあります。その中で一つでも言葉にしてつながりたいあなたの気持ちを掬い、明日誰かに会うのが楽しみになる、自分という人間を言葉で表現することに自信が持てる、そのための大きな気づきを残すことをお約束します。――「つながるための言葉」を自在に操るようになれる考え方と方法論を、コピーライターが解説。


「伝わらない」は当たり前。そうは思ってはいるものの……、どうして伝わらないのだろうかと感じたことがない人というのはいないのではないかと思います。
「伝える」こと、「伝えたい」気持ち。
伝えるための言葉、つながるための言葉を説いていくだけではなく「こんな風に考えられたらいいな」「そんな気持ちになれたらいいな」と、心がやわらかくなるエッセンスも詰まった一冊です。

好きになること、は才能ではなく、生きる姿勢

序章より

序章でわたしがズキューンと胸を射抜かれた一文です。素敵ですよね!!
編集担当の三宅さんが著者勝浦さん&本書の魅力をご紹介し、序章を公開した記事があります。是非こちらをお読みいただきたく…!(私が胸を射抜かれた一文もこちらに含まれております)

通常価格 1,650円(税込)の本が約70%OFF499円(税込)になるという超!!オトクな機会……是非ともご利用いただきたく!!

そしてお気づきでしょうか。本書はKindleUnlimitedの対象にもなっているのです。KindleUnlimitedに入られている方は是非、そちらでお読みいただきたく!入ってないよ、という方は、6月1日の本日こそ、お買い求めいただきたく!どうぞ、どうぞよろしくお願いいたします。

本日は光文社電子書籍担当の佐藤がお知らせいたしました。ひきつづき光文社新書の電子書籍、ならびに紙書籍もどうぞよろしくお願いいたします。


この記事が参加している募集

新書が好き

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

光文社新書
光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!