見出し画像

【42位】ザ・ドアーズの1曲―俗情から無限へ。文学が昇天するサイケデリックの夏に「火をつけて」

「ライト・マイ・ファイア」ザ・ドアーズ(1967年4月/Elektra/米)

画像1

※こちらはドイツ盤シングルのジャケットです

Genre: Psychedelic Rock
Light My Fire - The Doors (Apr. 67) Elektra, US
(Jim Morrison • Robby Krieger • John Densmore • Ray Manzarek) Produced by Paul A. Rothchild
(RS 125 / NME 131) 376 + 370 = 746

連続してウィリアム・ブレイクねただ。60年代終盤を象徴するロックスター、ジム・モリソンを擁するバンドである彼らの名が、元祖LSD教祖でもある作家オルダス・ハクスリーによる53年の著作『知覚の扉(The Doors of Perception)』に由来していることは有名だ。が、そもそもこの本のタイトル自体が、ブレイクの1793年の著作『ザ・マリッジ・オブ・ヘヴン・アンド・ヘル』からの引用だった。こんな一文が原典だ。

「もし知覚の扉が浄化されたなら、なにもかもがそのままに、無限に、人の前に立ちあらわれる。なぜならば、人は自らを閉じ込めているからだ。洞窟の狭い隙間からすべてを見るまでは」

要するに、つまり、サイケデリックなのだ!――そんなドアーズに、デビュー即の大成功を授けたナンバーがこれだ。同年1月に発表の、バンド名が掲げられたデビュー・アルバム(『教養としてのロック名盤ベスト100』では71位)に収録。4月にシングル・カットされて、7月下旬にはビルボードHOT100の1位を奪取。そのまま3週占拠して、9月にはアメリカ盤だけで100万枚の出荷を記録する。早い話が、とてつもなく売れた。サイケデリックなのに――いや、だからこそ。「愛の夏」のこの年に。

またこの曲は、カヴァー・ヴァージョンが多い。しかもそれがコンスタントに人気を得る。最初に売れたのは、翌68年に出たプエルトリコ出身のギタリスト/シンガー、ホセ・フェリシアーノによるもの(最高位3位)。近年では、彼の「カリフォルニア・ドリーミン」カヴァーがタランティーノ監督の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(19年)に起用されて話題となった。つまり当曲には日本の歌謡曲にも通じるような、センチメンタルでウェットなラテン・ソングの骨格が、じつはあった。「ハートに火をつけて」という邦題が、「これしかない」と思えるほどにはまるのは、そんな理由ゆえだ。

という「ポピュラー・ソングの芽」の上に、レイ・マンザレクの「洪水のような」オルガンが乗った。イントロから続く印象的なフレーズの元は、バッハだ。オリジナルは7分超(さすがにシングル用は3分に編集)。つまり「エクスペリメンタルな」文学がロックに作用して、「サイケデリック」という新種の「穴」が大衆文化に開いた瞬間のひとつが、ここに凝集されている。曲も詩も原型のほとんどはギタリストのロビー・クルーガーが書いた。メロディはジミ・ヘンドリックス「ヘイ・ジョー」に、歌詞はストーンズの「プレイ・ウィズ・ファイア」の影響下にあることを本人が認めている。

(次回は41位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

いい本とのいい出会いがありますように!
19
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 72本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。