見出し画像

教養としてのロック名曲ベスト100【第16回】85位は…テンション上がりまくりのあの曲だ! by 川崎大助

「リーチ・アウト・アイル・ビー・ゼア」ザ・フォー・トップス(1966年8月/Motown/米)

画像1

Genre: Soul
Reach Out I'll Be There - The Four Tops (Aug. 66) Motown, US
(Holland-Dozier-Holland) Produced by Brian Holland and Lamont Dozier
(RS 209 / NME 274) 292 + 227 = 519 
※86位、85位が同スコア

まさに名曲、これぞ名曲。基礎データを記しているだけで胸が熱くなる(僕は)。あの名門レーベル、モータウンの全盛期だった60年代の、そのなかでも傑出した、突出したグレイト・ソングとして、この曲は愛された。とてつもなく「熱い」支持を得た。

米R&Bチャートはもちろん、ビルボードHOT100でも1位を獲得(それぞれ2週占拠)。特筆すべきは彼ら初の全英トップ20入りとなった、同国での愛されぶり。このシングルが全英1位を3週記録――しただけではなく、グロリア・ゲイナーのディスコ版カヴァーが75年にヒット(14位)、ストック・エイトキン・ウォーターマンのリミックスも88年にヒット(11位)、93年のマイケル・ボルトンによるカヴァーまで、それなりに売れた(37位)。とにかくもうイギリス人はこの曲が大好きで、のちにノーザン・ソウルそのほか、かの地で深く地道に燃え続ける「ブリテンのソウル・ファンの魂」という名の石炭に、最初期にボッと火種をくべた名曲のひとつは、間違いなくこれだ。

魅力の最たる点は、なんと言ってもリード・ヴォーカルのリーヴァイ・スタッブスによる情感たっぷりの「熱い」歌唱にある。まずは「きみ」の身の上に降り掛かる困難について彼は歌う。希望が潰え、幸福が夢幻となって、人生が混乱に満ちあふれ、きみの世界が崩れ落ちようとしたときには――ダーリン、僕に「手を伸ばして(Reach Out)」、僕はそこにいる、きみのために……というのが歌の大筋だ。だから「リーチ・アウト」のあたりで、聴き手はとにもかくにも「揺さぶられ」まくる。エモーションの大波の上で。

作詞作曲を手掛けた黄金ソングライター・チーム「ホランド・ドジャー・ホランド(H-D-H)」の一人、ラモント・ドジャーによると、この詞は「女性が真に男性に求めるもの」を考察するところから思いついたのだという。同年6月には全米女性同盟(National Organization for Women)が結成されていたから、フェミニスト・ソングを作るというのはまさに時流を読んだ慧眼だった。プロデューサーとしてのH-D-Hは、スタッブスにこんな歌唱指導をした。「『ライク・ア・ローリング・ストーン』のボブ・ディランみたいに」歌うんだ、と。詞の内容の「切迫感」を十分に引き出すために。

フォー・トップスにとって4枚目のスタジオ・アルバム『リーチ・アウト』(67年)には、この曲ほか全米トップ20入りソング計6曲を含む12曲が収録されていた。これは彼らが、同年にモータウンを離れてしまうH-D-Hと最後に組んだ1枚ともなった。

(次回は84位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも感謝しています!
12
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 81本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。