見出し画像

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.17

光文社新書のTwitterで月〜金につぶやいている「#勝手に社内リレー」を厳選プレイバックしていくこちらの連載。光文社古典新訳文庫のツイートを受け、光文社新書が「勝手に」ひもづけて、あるいはこじつけて既刊本をご紹介していきます! 担当・田頭の「勝手な」ふり返り付き。

『秘書綺譚』→『人は、なぜ約束の時間に遅れるのか』

担当の自己採点★★ この短篇ではとりあえず約束自体は守ってくれるんですけどね。


『ブラス・クーバスの死後の回想』→『マリーシア』

担当の自己採点★ 恥ずかしながらこの作品を読んだことも聞いたこともなかった(ただいま積読中)ので、非常に粗い返しです…。反省。ぼくの世代だと、「マリーシア」にあふれる代表的なプレーヤーといえば、ロマーリオか、あるいはシメオネですかね。


『暦物語』→『古典落語CDの名盤』

担当の自己採点★★★ 『古典落語CDの名盤』は、入社した月に発売された本なので、よく憶えています。クラシックやジャズの愛好家にはおなじみの「名盤」という切り口がわかりやすいんですよね。ものすごーくヒマになったら「圓生百席」を一から聴き直したい!


『すばらしい新世界』→『世界最高のクラシック』

担当の自己採点★★★ 「一風変わった演奏」とはアーノンクール/コンセルトヘボウ管によるものです。個人的な推薦盤はチェリビダッケ/ミュンヘン・フィルの演奏。4年前に、ようやく正規盤が発売されました。


『ロビンソン・クルーソー』→『企画書は1行』

担当の自己採点★★★ 『自分以外の全員が犠牲になった難破で岸辺に投げ出され、アメリカの浜辺、オルーノクという大河の河口近くの無人島で28年もたった一人で暮らし、最後には奇跡的に海賊船に助けられたヨーク出身の船乗りロビンソン・クルーソーの生涯と不思議で驚きに満ちた冒険についての記述』らしいです。デフォーさん、この本を59歳で書くまで山師っぽい人生を歩んだ人だからでしょうか、洒落がきいています。


この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも感謝しています!
12
光文社新書の公式noteです。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」は、常時投稿をお待ちしています!