見出し画像

【35位】シネイド・オコナーの1曲―「虚無へのベル・カント」、癒えない哀しみの上に堂々と

「ナッシング・コンペアーズ・トゥー・ユー」シネイド・オコナー(1990年1月/Chrysalis/米)

画像1

Genre: Alternative Pop
Nothing Compares 2 U - Sinéad O' Connor (Jan. 90) Chrysalis, US
(Prince) Produced by Sinéad O'Connor and Nellee Hooper
(RS 165 / NME 38) 336 + 463 = 799

アップになった顔がカメラを見据えながらエモーショナルに歌うMVを、ご記憶の人も多いはずだ。ものすごい規模の大ヒットとなった、彼女一世一代のパワー・バラッドがこれだ。ビルボードHOT100で1位、全英も1位。そのほか世界各国のチャートで軒並み1位を獲得した。当曲を収録したセカンド・アルバム『アイ・ドゥ・ノット・ウォント・ホワット・アイ・ハヴント・ゴット(邦題・蒼い囁き)』も米英で1位となった。

というヒットを生んだ最大の要因は、この楽曲とシネイド・オコナーの資質との、すさまじい化学反応によるものだ。アイルランドはダブリン出身の彼女のキャリアは、今日にまで続く波乱に満ちている。抑圧への対抗、そのための戦いを「相手がカトリック教会でもやってやる!」という彼女が、その熱情を集中させて、曲のなかに埋蔵されていた燃料を発掘。それをイタリアン・オペラで言うところの「ベル・カント」スタイルで、真っ正面から放出した。ベリー・ショート・ヘアの女性(は、当時のメジャー音楽シーンでまだめずらしかった)が、魂も避けよと歌う「喪失の哀しみ」に、人々は打ちのめされた。

しかしこれを気に入らない人がいた。当曲そもそものソングライターであるプリンスその人で、オコナーによると、当ヴァージョン発表後に彼女はプリンスの邸宅に深夜呼び出され、そこで非難され、彼女もやり返して大喧嘩となったのだという。その後、対抗意識に燃えた(?)プリンスは、ライヴ・ヴァージョンにて当曲をセルフ・カヴァーして発表。しかしシングルはR&Bチャートの62位止まりだった。また2018年には、84年に彼が制作していたデモ状態の当曲も公式発表された。たしかにそこでは、あたかも「ナッシング」に押し潰され、哀しみに崩れ落ちるかのような主人公像が描写されていた。

「あれから15日と7時間経った」というのが歌い出しだ。タイトルは「あなたと比べられるものなんて、なにもない」という意味だ。つまり愛する人が去ったあとの、どうやっても埋めようもない「空虚」が、テーマだ。プリンスは「哀しみ」に浸った。しかしその「苦」に、怒りにも近いほどの熱でもって「対抗」したのがオコナーだったわけだ。

忘れてはならないのは、当曲の共同プロデューサーがネリー・フーパーだったこと。元マキシマム・ジョイ、元ザ・ワイルド・バンチ、つまり「レアグルーヴ界隈の人」の彼の、控えめながら着実に、鼓動のように「打っている」アレンジもまた、勝因のひとつだったのだと僕は考えている。オコナーの熱と「祈り」を、彼のビートが支えた。

(次回は34位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

いい本とのいい出会いがありますように!
10
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 73本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。