見出し画像

【21位】ザ・ビートルズの1曲―バロックでハードボイルドな悲嘆が、救われなさを荘厳に

「エリナー・リグビー」ザ・ビートルズ(1966年8月/Parlophone/英)

画像1

※こちらはアメリカ盤シングルのジャケットです

Genre: Baroque Pop, Art Rock
Eleanor Rigby - The Beatles (Aug. 66) Parlophone, UK
(Lennon–McCartney) Produced by George Martin
(RS 138 / NME 11) 363 + 490 = 853
※22位、21位が同スコア

彼らが成し遂げた音楽的革新の数々のなかでも、屈指のひとつ。ビートルズ、頭ひとつ抜けた5曲目のランクインは「メンバーがだれも楽器を弾かなかった」これだ。

当曲のバッキングは、外部ミュージシャンによる弦楽八重奏だった。ヴァイオリンを4本、ヴィオラ2本、チェロ2本を使用した。ストリングス・アレンジはプロデューサーのジョージ・マーティン。前年の65年に発表された「イエスタデイ」でも四重奏が起用されていたが、あっちにはまだポール・マッカートニーのアコースティック・ギターがあった。こっちはギターどころか、ドラムスも、ベースも、ピアノも、一切なし。ポップ音楽「らしい」楽器は皆無のまま、ただただ芯が太く迫力ある「弦の音」が鳴り響く。クラシック音楽ならば「あり得ない」ほどマイクを楽器に寄せて、この音は録られた。

楽曲の構造もポップ離れしていた。コードの発見よりもずっと前から脈々と流れる「モード」に寄り添い、エオリアンとドリアンを使用。これがメロディ・ラインとバッキングのあいだに、独特の緊張した状態を生み出している。一般的なポップ音楽にはない、荘厳にして格式ばった感じ。言うなれば「とっつき悪さ」――のもと、人の孤独のありようを歌う。だれにも顧みられず、いつの間にか草木が枯れるように死んで、そのあとも救済はない、ただそれだけの人生が「2分少々」のあいだに、一筆書きのように描き出されていく。教会のまわりをうろつき、教会のなかでひとり死ぬ女性、エリナー・リグビーと、たったひとりで彼女を埋葬する、やはり孤独な神父マッケンジーの2人が、登場人物だ。

天然の「残酷」とでも言おうか。救いのない事象を無慈悲に、ただそのままに投げ出す態度は、のちの世のレイモンド・カーヴァー(のバロック歌劇版)みたいでもある。こんな題材を「ここまで振り切った」音楽性で表現したポップ・ソングは、史上初だった。ソングライティングはマッカートニーが主導し、他メンバーの協力のもと仕上げられた(が、貢献内容については諸説ある)。ジョン・レノン、ジョージ・ハリスンはハーモニー・ヴォーカルで参加。リンゴ・スターは、ここではなにもしていない。だが当曲は彼が歌う「イエロー・サブマリン」との両A面シングルとして発表、全英1位を記録。アメリカでは各面を個別にカウントする方式のため、HOT100では「イエロー・サブマリン」が2位、当曲は11位が最高位だった。同時発売のアルバム『リヴォルヴァー』(『教養としてのロック名盤ベスト100』にランクイン。順位はここでは秘密)にも収録されていた。

(次回は20位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも喜んでいます!
13
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 89本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。