見出し画像

【第2回】いつから英語を始めるべきか?

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか?
■デマやフェイクニュースに騙されていませんか?
■自分の頭で論理的・科学的に考えていますか?
★現代の日本社会では、多彩な分野の専門家がコンパクトに仕上げた「新書」こそが、最も厳選されたコンテンツといえます。この連載では、哲学者・高橋昌一郎が「教養」を磨くために必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介します!

今年から始まった「小学校英語」

2020年4月から日本全国の公立小学校で「英語」教育が始まった。これまで中学校でスタートした「教科」としての「英語」が小学校5年生から始まり、年間70コマの授業で成績が評価される。また、5・6年生が楽しんで英語に触れていた「外国語活動」は、3・4年次に実施されることになった。この英語教育方針の大幅な変更は、将来どんな結果をもたらすだろうか?

本書の著者・寺沢拓敬氏は、1982年生まれ。東京都立大学人文学部卒業後、東京大学大学院総合文化研究科修了。オックスフォード大学日本問題研究所客員研究員を経て、現在は関西学院大学社会学部准教授。専門は、言語社会学・応用言語学。著書に『「なんで英語やるの?」の戦後史』(研究社)や『「日本人と英語」の社会学』(研究社)などがある。

さて、読者は英語が得意だろうか? 仮に得意でなくとも、好きだろうか? 日本人にとって「教養」の一部とみなされる「英語」は、何歳から学び始めるべきだろうか? なぜ英語が苦手な日本人が多いのだろうか?

本書の特徴は、「小学校英語」を一種の社会現象とみなして、社会学的な文脈で検証している点にある。著者の寺沢氏は、「小学校英語」に賛成・反対の主張を表明するわけではなく、その本質的・構造的な問題点を指摘する。そこで浮かび上がってくるのが、「小学校英語」の抱える大きなジレンマである。

2011年から始まった「聞く・話す」を中心とする「外国語活動」は、「英語嫌い」が増えないように、小学生の頃から英語を楽しんで触れることを目的に導入された。つまり「遊びのようにして英語に親しむ」わけだが、実際には「遊び」だけでは「読む・書く」英語力は向上しない。結局、「教科」としての「小学校英語」が導入されたわけだが、今後「教科」として成績を評価されるのが嫌だという「英語嫌い」が増えたら、本末転倒ではないか?

ここで問題になるのが、誰が「小学校英語」を教えるのかという点である。英語が不得意な小学校教員が教えるよりも、ネイティブ・スピーカーを雇う方がよいだろう。しかし、地方自治体には財政的余裕がない。そこで文科省に泣きついても、「有効性が立証されていない」という理由から、財務省が首を縦に振らない。だから英語が不得意な小学校教員が教える状況が続き、ますます「有効性」が出ずに「予算」も付かないというジレンマ状態が続く。

本書で最も驚かされたのは、公立中学生に対する2つの「ランダム化比較実験」の結果、1つのモデルでは「小学校英語」の経験者と非経験者の間に英語力の有意差が認められず、もう1つのモデルでは「微弱な有意差」が認められたものの、その差は偏差値1~2点程度に過ぎないという事実である!

「小学校英語」の導入には、教員の配置・研修や教材・カリキュラムの整備など、莫大なコストがかかる。ところが、そのコストに対して「小学校英語」の有効性は偏差値1~2点程度に過ぎないというのである。安倍政権下に官邸主導で強引に進められた「小学校英語」だが、ここでも結局、現場だけが疲弊するという、何度も見慣れた光景が繰り返されているように映る。


本書のハイライト

小学校英語をとりまく条件は深刻かつ重大なものばかりであり、しかも、それらが相互に絡み合い、袋小路に陥っている。小学校教員は現場で日本の英語教育の屋台骨を支えるべく子どもと向き合うが、教育環境は一向に改善されない。文科省や教育委員会も条件整備のために奮闘するが、財務担当者は金庫の扉を固く閉ざしている。……確実に言えるのは、あらゆる立場の人々が満足する完璧な解決策はないということである。(p. 229)


第1回はこちら↓

著者プロフィール

画像1

高橋昌一郎/たかはししょういちろう 國學院大學教授。専門は論理学・科学哲学。著書は『理性の限界』『知性の限界』『感性の限界』『ゲーデルの哲学』『自己分析論』『反オカルト論』『愛の論理学』『東大生の論理』『小林秀雄の哲学』『哲学ディベート』『ノイマン・ゲーデル・チューリング』『科学哲学のすすめ』など、多数。

この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

いい本とのいい出会いがありますように!
27
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

新書こそが教養!
新書こそが教養!
  • 3本

現代の日本社会では、多彩な分野の専門家がコンパクトに仕上げた「新書」こそが、最も厳選されたコンテンツといえます。この連載では、哲学者・高橋昌一郎が「教養」を磨くために必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介します! 高橋先生のお名前にちなんで、「1」の日、毎月1、11、21日の更新です。

コメント (5)
私は幼稚園の頃から3年間だけ英語教室に通っていましたが、小学校の英語の授業が始まった時には全くできない状態でした。また、中学校に入り文法などを学び始めた際も全く初めての状態だったのをよく覚えています。たしかに幼稚園の頃にしていた習い事は会話というより楽しむことが第一だったので正確な文法や文を読んで学ぶということはしませんでした。しかし、大学受験を終えた今でも英会話ができません。以前テレビで貧困の国の英語学習についてみた時、明らかに日本の子供達より学習している期間は少ないのにみんな母国語とは違う英語を話していて驚きました。それは初めに文法などの読み書きを習うのではなく、話しをすることで英語を実用的に使えるようにし、そこから読み書きをしていました。これはよく考えたら私たちが日本語を赤ちゃんの時と一緒でとてもスムーズでした。英語の授業をいくら増やしても効率的に学習できないより、少し冒険的でもネイティブの先生を増やす方が効率的でいいと思いました。現在の方法でも英語が話せるという実績がないため他の国を参考にしたりすることが大事だと思いました。H191482
言語というものは8歳~10歳を過ぎると新しく習得するのが難しくなると聞いたことがあるが、そのことを考えると小学校から英語教育を導入するのは効果的だととらえることもできる。しかし、日本人、また日本という国自体が英語を受け入れるのに受動的であり、結果英語力も他国と比べて著しく低い状況であるのに、教育だけに焦点を当てて英語力を見直し将来役立つ人材を生み出そうというのはいささか無鉄砲な気がする。中学高校で英語を学ぶといってもネイティブ・本場の英語のスピーキングを勉強するわけでもないし、そういったものは外語関係の専門的な分野の学習をする道に進まない限り経験することはなく、大人になっても日本にいて英語を使用する機会はほとんどない。その状況で今の子供に英語を学習させたところで、10年20年たっても日本人の英語力は向上しないだろう。非ネイティブ国で英語力世界一のスウェーデンでは、小さい時から子供がTVや映画、ゲーム、音楽、本などのエンタメから自然と生活の中で英語に触れる環境にあると聞く。日本でもそのような環境を生み出せる社会になったらいいなと思う。(S190402)
もう今年の4月に始まってしまったので今更ではあるが、私は学校5・6年生から始まる「英語」教育をあまり良いとは思えない。なぜなら私は小学校の時の英語の歌を歌ったり、簡単な会話を友達や先生と行う「外国語活動」は大好きであったが中学に入学し教科として、成績評価の対象としての「英語」になった瞬間嫌いになったからである。この文章にもあるように教科として英語が導入されたら「英語嫌い」が増えるのではないかという意見に私は同意する。ちなみに、私は文法が自分には難しく嫌いになってしまったが、私の場合は学生時代英語専攻した英語専門の教師になるべく分かりやすく教えてもらったにも関わらず理解が追い付かなくて挫折してしまった。一概に言えないが英語専攻でない小学校の教師が英語を教えるとなると中学の教師より分かりやすいケースは少ないと思われる。そのため、文法の理解ができず挫折する生徒が多くなるのではないか。もう始まったものは突き進むしかないが、どれだけ小学生にも理解できるよう分かりやすく授業を行えるかが小学校からの「英語」教育が成功するかの鍵になると考える。
(E190417)
今日の日本の英語教育は批判されることが多いが、なぜなのかをあまり深く考えたことがなかったのでこの記事でいくつかの理由を知り、納得しました。「聞く・話す」を主とする外国語活動は英語嫌いにさせないために行っていると書いてありましたが、結局成績をつけることになりますし、成績は聞く・話すよりも読む・書くを重視するという矛盾が既にここで起こっていると思いました。よく言われている、「日本人は英語を話そうとしない」というのはこの矛盾から起こっているのだと思いました。
また、段々とこの英語教育を受けた世代が先生になることとなり、英語教育を受ける→その子供達が先生となる→その先生達は英語が苦手である→また生徒に教えるというサイクルができてしまうでしょうし、避けるべき問題だと思います。
そのためまずはしっかりと何を大切にしたいのか(聞く・話す か 読む・書く か)を考えるべきですし、私は耳を慣れさせたり触れることは大切ではありますが成績をつけるというのならば、しっかり4技能をやるべきだと思います。加えてもっと実用的な英語を教育すべきだと感じました。(E190365)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。