見出し画像

【ビデオ・メッセージ】矢野顕子さんが新刊に込めた熱い想いを語ってくださいました。

このたび、宇宙飛行士の野口聡一さんとミュージシャンの矢野顕子さんによる『宇宙に行くことは地球を知ること』が刊行されました(取材と執筆はライターの林公代さんが担当してくださいました)。この秋、野口さんはSpaceXの新型宇宙船「クルードラゴン」に搭乗される予定で、これが3度目の宇宙飛行となります。一方、矢野さんは「自分もいつか宇宙に行ってみたい」と熱望され、これまで宇宙に関する数々の楽曲を発表、またツイッターでも宇宙に関する情報を発信しておられます。矢野さんが宇宙に行ってみたいと現実的に思うようになったのは、野口さんの2度目の宇宙滞在の頃。野口さんがツイッターで発信された宇宙の美しい写真を見たことがきっかけだそうです(実はISS〈国際宇宙ステーション〉からツイッターによる画像投稿を積極的に始めたのは野口さんです)。そんなお二人はどんなことを語り合ったのでしょうか。刊行に際して、矢野さんが貴重なメッセージをお寄せくださいました。ぜひ、お聞きください。​

矢野顕子さんメッセージ(動画)


矢野顕子さんメッセージ(文)

わたしは野口聡一さんの眼を通して、ゆっくり動く地球を眼下に見た。
さあ、 みなさんもご一緒に。              矢野顕子



矢野顕子さんプロフィール

矢野顕子(やの あきこ)
青森市で過ごした幼少期よりピアノを始める。1976年、『JAPANESE GIRL』でソロデビュー以来、YMOとの共演など、活動は多岐にわたる。2020年、三味線プレイヤーの上妻宏光とユニット「やのとあがつま」を結成、民謡をモチーフに新たな音楽を提案したアルバム『Asteroid and Butterfly』をリリース。同年9月には、ニューヨークと日本でリモート録音した楽曲「愛を告げる小鳥」を配信限定リリース予定。地球を外から見て感謝するために、宇宙に行きたいと熱望している。
オフィシャルサイト https://www.akikoyano.com/


宇宙に行くことは地球を知ること◆もくじ

まえがき 大人の女性だって宇宙が知りたい 矢野顕子
第1章 宇宙で感覚や心はどう変化するか
第2章 死の世界
第3章 生の世界
第4章 3度目の宇宙へ
第5章 スペースX―イーロン・マスクと「宇宙新時代」
第6章 宇宙に飛び出すことは地球を知ること
あとがき 宇宙は誰にでも開かれていて、思っているより近くにある 
     野口聡一



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも喜んでいます!
23
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

新刊情報【まとめ】
新刊情報【まとめ】
  • 67本

毎月の新刊についての記事をまとめたマガジンです。なお、光文社新書では毎月16〜19日くらいに、5冊前後の新刊を発行しています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。