見出し画像

教養としてのロック名曲ベスト100【第4回】97位のナンバーは? by 川崎大助

「カム・トゥゲザー」ザ・ビートルズ(1969年10月/Apple/英)

画像1

Genre: Blues Rock
Come Together - The Beatles (Oct. 69) Apple, UK
(Lennon-McCartney) Produced by Geoge Martin
(RS 205 / NME 336) 296 + 165 = 461 

早くも出たザ・ビートルズ。彼らのアルバムの多数が『教養としてのロック名盤ベスト100』のリストには挙がっていたのだが、そのうちのひとつ『アビー・ロード』(69年、第10位)のオープニング・ナンバーとなっていたのが、この「変わった」1曲だ。

この曲の最大特徴は「不穏だ」ということにつきる。いつもの共作クレジットだが、リード・ヴォーカルをとるジョン・レノンがほぼ独力で書いた、ブルース・ロックの名作だ。

冒頭から入る「シュッ」という音声が、まず不穏だ。そしてなにより印象的な、陰鬱に低くうねるベース・ライン……このパートが、後年、ヒップホップほかのアーティストに幾度もサンプリングされて「ループ」されることになった。ポール・マッカートニーによると、ここはベースとドラムスで「沼っぽい、じっとり感(Swampy)」のヴァイブを狙ったのだという。

こうした一種の抑圧された状態が、まるで呪いの歌のように延々続いていって、閉塞感満杯のままコーラスに入り、「いっしょになろう、いますぐに/僕の上で(Come together, right now / Over me)」のところで一応の暫定的な解放を得る、という作りだ。

歌詞は、レノンの平常運転のなかにある「ナンセンス・ソング」の範疇に入る。だからいかようにも深読みができる。歌詞のヴァース1から順に、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、レノン本人、マッカートニーのことが戯れ歌っぽく触れられている、との見方がある。もっとざっくりと「ドラッグ・ソングだね」という意見も多い。

ただ出自ははっきりしていて、LSDの導師であり、サイケデリック文化の教祖である米心理学者のティモシー・リアリーがカリフォルニア州知事選に出馬を考えていて、レノンにキャンペーン・ソングを依頼したのが最初だった。そのときの原型をいじっているうちに「変化してこうなった」という。ちなみに結局リアリーは出馬せず、だからずっと州知事はロナルド・レーガンのままで、盛んにカウンターカルチャーを弾圧したあと、大統領になり冷戦を終結させた。さらにちなみに、のちにコンピュータのほうの「アップル」を作り世界を文字どおり変革してしまうスティーヴ・ジョブズは、リアリーの思想に感化された広義の門下生だった。

これらなんとも奇妙な群像が「いっしょに」なってどこかで交錯していた時代にぴったりのナンバーがこの曲だった、のかもしれない。シングルとしては「サムシング」とカップリングされ、両A面のあつかいで発売された。全英最高位4位、米ではビルボードHOT100の1位はもちろん、同チャート内に16週も居座るヒットとなった。

(次回は96位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも喜んでいます!
12
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 80本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。