見出し画像

2019年『ベスト経済書』第1位!

涙、涙の年末進行真っ只中。。。
本日は絶賛残業中、新書編集部の樋口です。
昨年は『残業学』という本も担当させていただきましたが。。。

さて、今日は、少し早めのクリスマスプレゼントのような報告を受けました。

本日発売の「週刊ダイヤモンド」の特集、

「経済学者・経営学者・エコノミスト107人が選んだ
 2019年『ベスト経済書』」

にて山口慎太郎先生「家族の幸せ」の経済学』(光文社新書)が、なんと第1位に選出されました!

画像1

全国の大学の経済学者・経営学者および民間のエコノミスト107人が3冊を選出、1位10点、2位6点、3位3点でカウントし、総合得点を集計するシステムで、合計104点を獲得。

早速、午前中に書店さんをパトロールしてきたのですが、いい場所に置いていただいており、うれしかった!
(有楽町の三省堂書店さんです)

画像2

八重洲ブックセンターさんでも大展開されています!!

山口先生は、同誌のインタビューで、

「書き始めて思ったことは、研究者にとっては常識でも、読者には興味深いものがあるということだ。分かりやすく書くと、専門家には受けないことが多いが、それでも構わないと思って書いた」
(週刊ダイヤモンド、2019年12月28日・2020年1月4日合併号より引用)

とお話になられていますが、しっかりと専門家の方たちにも評価していただきました。

山口先生、サントリー学芸賞に続き、おめでとうございます!

今年の年末進行は本当に厳しい日程で、編集部一同グッタリへばっていたところでしたが、一気に元気になりました。
なんとかぼくも年が越せそうです…。

「週刊ダイヤモンド」も、2020年の総予測特集とのことで、読み応えありそうでした!
どちらも年末年始の読書にいかがでしょうか。
みなさん、もしご興味を持っていただけましたら、ぜひ手にとっていただけるとうれしいです。


この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも感謝しています!
8
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

光文社新書の人びと
光文社新書の人びと
  • 86本

新書編集部に在籍する8名が書いたnoteをまとめているマガジンです。部員がどんな人であるか、どんな本をつくっているのか、記事からちょっとした横顔がのぞけます。たまに、光文社新書に関わる別部署の社員も登場します。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。