ポリーニ表紙

ポリーニ:世界最高のピアニスト「Best of Best」名盤5選

批評家の本間ひろむさんが書かれた『アルゲリッチとポリーニ』(光文社新書)に、「アルゲリッチとポリーニの『名盤20+20』」と題された名盤紹介のコーナーがあります。ここでは、レコード時代から名盤と謳われているものが20タイトルずつ(アルゲリッチ20、ポリーニ20)選ばれ、解説が加えられています。今回、本間さんはnote用に各20タイトルの中からさらに厳選し、「Best of Best」として5タイトルずつ(アルゲリッチ5、ポリーニ5)選んでくださいました。(解説部分はすべて『アルゲリッチとポリーニ』から抜粋)ピアノ・スターの「名盤中の名盤」を文章と画像でお楽しみください。こちらはポリーニ編。アルゲリッチ編はこちら


ショパン《練習曲集》

21世紀の今となっても「ショパンのエチュードならこれ!」というスタンダード。音楽評論家・吉田秀和による「これ以上、何をお望みですか」という名文句とともに登場した衝撃のアルバムだ。
半音階を上下しまくる「 op. 10‐2」、それに加えて左手の強い打鍵も同時に要求される「 op. 25‐11」(木枯らしのエチュード)、通称〝三度のエチュード〟と呼ばれる「 op. 25‐6」などの難曲も、こんなふうにお弾きなさいな(正しい運指法も含めて)というお手本を示しているような演奏だ。涼しい顔で。ショパン・コンクールでも予備予選の段階から課題曲にエチュードは入っていて、一廉のピアニストになるなら避けては通れない道である。そんな彼らの強い味方だ。
レコードがリリースされた当時から音大生必携のアルバムだったようで、僕は同じ大学のピアノ科の友達からテープに録って貰った。これ以降、滅法スキルの高い若いピアニストを「○○のポリーニ」と呼ぶのが流行ったらしい(桐朋のポリーニとかね)。50年も前の録音とは思えない瑞々しさ、 音の輝き、そしてメカニカルな完成度は脱帽ものである。マウリツィオ・ポリーニの代表的な名盤。


ブーレーズ《ピアノ・ソナタ第2番》ほか

ポリーニの実質のデビュー盤は、1968年にEMI(現ワーナー・クラシックス)に録音した『ショパン ピアノリサイタル』というアルバム。本文中でも触れたが《ポロネーズ第5番》《ポロネーズ第6番・英雄》《夜想曲第4番》《夜想曲第5番》《夜想曲第7番》《夜想曲第8番》《バラード第1番》 といった曲が並んでいて、ポリーニには珍しく若々しい音が聴ける。
本作はドイツ・グラモフォンと専属契約を結んだ後の第1弾アルバム。そして、ポリーニはガラッとレパートリーを変えてきた。最初にレコード化されたのはプロコフィエフの《戦争ソナタ》とストラヴィンスキーの《ぺトルーシュカからの3楽章》である。ピアニストにしてみれば、2曲ともできれば録音したくない難曲である。その2曲を鮮やかに弾き切ってみせたのが最初のこのレコードとは! この2曲にブーレーズ《ピアノ・ソナタ第2番》とヴェーベルン《ピアノのための変奏曲》を加えてCD化されたのが本作。ショパン弾きの素敵なポリーニ兄さん、というイメージをバリバリと破り捨て、磨き上げたメカニカルな演奏技術を惜しげもなく披露している。


ブラームス《ピアノ協奏曲第2番》

通常は3楽章で構成されるピアノ・コンチェルトにあってブラームスの《ピアノ協奏曲第2番》は4つの楽章を持つ。交響曲にピアノ・パートが加わったような重厚なテクスチュア。並のピアニストは手をつけたがらない。なぜならピアノの音が痩せてしまうからだ。
そしてウィーン・フィルのブラームス。それだけでロマン派の世界にどっぷり浸れる音の洪水の中、ポリーニのピアノは凛とした輪郭を保ちながら19世紀の甘く、芳しい世界と同調する。オーケストラも咆哮する。緩徐楽章(第3楽章)ではポリーニの中にある歌心が発露する。弦もピアノも美しい。そして切ない。
最終楽章(第4楽章)では一転して巻き起こる重厚なトゥッティ。オーケストラ音楽の嵐。そして大団円。
熱演である。


ベートーヴェン《ピアノ・ソナタ第17番》ほか

ピアニストにとってベートーヴェンの《ピアノ・ソナタ全集》録音はひとつの到達点だ。ポリーニもこのプロジェクトを1975年にスタートさせた。2014年になってやっと完成をみた。忙しいピアニストだ。集中的に全集を録音できるスケジュールの余裕はない。 それでもひとつひとつ、合間を縫ってスタジオに入る。何から何まできちんと仕事をする粘り強い音楽家だ。
澄んだ水面に、くっきりとベートーヴェンの顔が浮かび上がるような《テンペスト》。どこまでもクリアで、曖昧さはまったくない。「端正な演奏」の中から垣間見える「苦悩」や「逡巡」。
《ワルトシュタイン》の何と晴れやかな第3楽章、躍動する《第25番》、《告別》は明るすぎる別れの挨拶。仕方がない。マウリツィオ・ポリーニはカンタービレの国の人なのだから。
もちろん全集をポンと買って時間をかけて楽しむのが一番だが、同じ全集から《第8番・悲愴》《第14番・月光》《第23番・熱情》の人気曲3曲がカップリングされた1枚もあるので、まずはそちらをお求めになってもいい。


ショパン 《ピアノ・ソナタ第3番》ほか

70歳を過ぎてのショパン録音。18歳でショパン・コンクールを制してから随分と時間がたった。50年以上が過ぎたのだ。アルゲリッチの演奏スタイルが歳とともに変化したように、ポリーニもまた変化を遂げた。どんなふうに?!
このアルバムの《ピアノ・ソナタ第3番》は出色。粒だった明るい音はそのままで、深い年輪を感じさせる、肩の力が抜けた名演。2018年の来日コンサートで披露し評判になったあの《ピアノ・ソナタ第3番》だ。
この曲のほか、《マズルカ第33番》《第34番》《第35番》《夜想曲第15番》《第16番》《変ニ長調子守歌》を収録。一見してバラバラに見えるが、実は「 op. 55」から「 op. 58」というショパンが30代前半の一時期に集中的に書いた作品群である。そして、「マズルカ」3曲以外は再録音となる。ここでは若い頃のような「メカニカルなピアニスト」の面影はない。ただ、このアルバムと前後して、腕のダメージのため日本公演を延期したり休演したりした。もう演奏活動には復帰しているようだが、ファンとしては心配である。

ポリーニ

マウリツィオ・ポリーニ 1942年1月5日、イタリア・ミラノ生まれ。5歳でピアノを始め、カルロ・ロナーティに師事。ジュゼッペ・ヴェルディ音楽院に入学後、ポッツォーリ国際ピアノ・コンクール優勝。1960年のショパン国際ピアノ・コンクールに満場一致で優勝。その後約8年間の沈黙ののち、復活。ドイツ・グラモフォンからリリースしたショパン《練習曲集》は世界に衝撃を与えた。高いテクニックを持つ完全無欠のピアニスト。ベートーヴェンを中心にしたドイツ音楽とともにシェーンベルク、ノーノなどの現代音楽も積極的に取り上げる一方、「ポリーニ・プロジェクト」で指揮をするなどピアニスト以外の横顔も見せる。アルゲリッチとともに世界最高のピアニストと呼ばれている。
イラスト:いとうまりこ




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも感謝しています!
28
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。