【光文社新書】2021年6月刊6冊の内容を3分で!
見出し画像

【光文社新書】2021年6月刊6冊の内容を3分で!

①辛酸なめ子『新・人間関係のルール』

画像1

人生の問題の多くを占める人間関係。SNSの発達やパンデミックの発生によって、人間関係にも新しいルールが生まれつつあります。「コミュ力不足」を自認する辛酸なめ子さんによる、クスッと笑って学べる24話です!


②治部れんげ『ジェンダーで見るヒットドラマ』

画像2


「愛の不時着」はなぜヒットした? 「半沢直樹」がウケる日本はヤバイ!? ジェンダー視点でドラマを見れば、世界のいまが見えてくる。ジェンダー問題の識者として活躍する著者が論じる日韓から欧米まで世界の22作品!


③福村国春『夢中になる東大世界史』

画像3


約40年分の過去問から選りすぐりの15問で振り返る主権国家の誕生と国際社会の歩み――。暗記だけでは太刀打ちできない、「読解力」と「思考力」を求める問題は、歴史の新たな見方を教えてくれる。受験生の参考書としても有用な1冊。


④大野裕之『ディズニーとチャップリン』

画像4


ディズニーの夢は「もう一人のチャップリンになること」だった。俳優の道を諦めた彼はアニメーションの世界で「もう一人のチャップリン」=ミッキーマウスを生み出す。――豊富な資料で、知られざる二人の師弟関係を描く。


⑤西尾克洋『スポーツとしての相撲論』

画像5


平均体重は130kgから160kgに。中心は日本人から外国出身力士へ。伝統と進化のはざまで揺れ動く大相撲の現在――。「決まり手」「体格」「怪我」「指導」「学歴」「国際化」「人気低迷」の7つのキーワードを中心に読み解く。


⑥水野雅登『糖尿病の真実』

画像6


なぜ医療が発達している日本で糖尿病患者は増え続けるのか。「インスリンは一生の付き合い」「糖尿病は不治の病」は本当なのか。脱インスリン率100%の実績を持つ医師が、実際の治療例を紹介しつつ、現在の糖尿病治療の実情と問題点を解説。


この記事が参加している募集

私の作品紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

いい本との出会いがありますように!
光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えます。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」は、投稿をお待ちしています!