見出し画像

【83位】ジョン・レノンの1曲―スウィートでナイーヴなアナキズムを、真っ裸で訥々と

「イマジン」ジョン・レノン(1971年10月/Apple/英)

画像1

Genre: Rock, Pop
Imagine - John Lennon (Oct. 71) Apple, UK
(John Lennon•Yoko Ono) Produced by John Lennon, Yoko Ono and Phil Spector
(RS 3 / NME 476) 498 + 25 = 523 
※83位、82位が同スコア

今度はアメリカ人が怒る番だ。〈ローリング・ストーン〉の500曲リストでは3位なのに、〈NME〉のせいで……当曲を収録の同名アルバム、彼のソロ第2作は『教養としてのロック名盤ベスト100』で77位だったのだが、これも「米高英低」の結果ゆえだった。どんなリストでも、この曲はトップ50内には入るべきだと思うのだが……。

これはジョン・レノンの代表曲のひとつだ。ピアノ・バラッドの形式で、理想主義的な詞が訥々と歌われる。「想像してみなよ」をキー・フレーズに世界平和を真っ正面から希求していくところ、僕はユネスコ憲章の前文や日本国憲法の9条を、いつも思い出す――のだが、こうした点が「甘ちゃんだ」と批判されることも多い。ナイーヴすぎるとか。

しかしこの曲の底抜けのナイーヴさは、その破壊力は、生半可なものではない。部分的には社会主義的なのだが、しかしそれ以上に、レノンの「なにも信用しない」という態度の貫徹のほうがずっと大きい。だから心やさしきアナキズムと見るのが正しい。

なにしろ歌い出しが「天国がないことを、想像してみなよ」なのだから。つまりこういうことになる――レノンはいま天国に「いない」のかもしれない(「ない」のだから)。だから我々は死んだあとも「彼に会えない」のかもしれない。それは死んでみないとわからない。もちろんこのときのレノンにも、そんなことは、わかるわけがない(彼は宗教家ではないから)……なのに彼は、そんな虚無をまず「想像してみなよ」と言う。

つまりこれは、ラディカルな「覚悟の歌」なのだ。宗教と国家と私有財産が「ない」という前提に立つということは、強者からの庇護や、その状況下における一体感を「ひとまずは全部拒絶する」ことを意味する。人間が「真っ裸」の状態になることに近い。そこまでいかないと真なる相互理解は見えてこない、とここでレノンは言う。自分自身の外側に広がる全・現実世界および、全・他者と向き合って「調和を目指していく」ためには――いかなる不安、恐怖があろうとも「まずは裸になれ」と、この曲は呼びかけるのだ。

これがロックでないのなら、一体なにがロックなのか、と聴くたびに僕は強く思う。

当曲はまずアメリカでシングル発売され、ビルボードHOT100の3位を記録。イギリスでは75年にシングル化され、全英6位に。そしてレノンが射殺された80年にはふたたびチャート・インして1位に達し、そのまま4週占拠した。そのあとも、たびたび両国および世界各地のチャートに、幾度もランキングされ続けている。

(次回は82位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

ありがとうございます!
17
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています。

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 57本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。