【電子書籍フェア】心と身体を健やかに!健康本フェア 50%OFF
見出し画像

【電子書籍フェア】心と身体を健やかに!健康本フェア 50%OFF

皆さま、ごきげんよう。光文社電子書籍担当の佐藤です。
5月といえば、5月病ともいわれますが、いやいや、健やかにありたいものです。健やかであるためのヒントになる書籍をお届けしたい。そんな電子書籍を集めたフェアのご案内です。しかも、半額の50%OFF!

心と身体を健やかに!健康本フェア 50%OFF

画像1

【実施書店】
honto楽天KoboReaderStoreKinoppyブックパスDMM.comBOOK☆WALKERブックライブ、Apple Booksなど。
↑ リンクが張られているものはキャンペーンページへとびます。
※書店さまによって終了時期が異なりますのでご注意くださいませ。

では、フェア参加書目をご案内いたします!

画像2

価格は通常価格(税抜)の50%OFF(税抜)表示です。書店さまによっては価格が異なる場合もございます。こちらはご参考程度にお願いいたします。
(※また、基本、担当者佐藤の独断セレクトですので、なぜこれ?と感じられるものがあったとしても、そっと生ぬるく見守っていただけますと幸いです)

そのなかの何冊かをご紹介いたします。

高城式_l

絶えず世界各地を行き来しつつ活躍を続ける高城剛、55歳。時差・気候や標高の変化、長距離移動、不衛生な土地、分刻みのスケジュールの中でも常にパフォーマンスの質を保つために、あらゆる最先端の医療の知識を取り入れながら活動している。そんな高城氏が注目・実践する次世代の最新医療とは。健康マニアを“こじらせた”クリエイターが、食事と環境の是正で健康を取り戻した経験や、家族や友人の経験を併せマニアックに紹介。

実体験に戻づいた健康法はなるほどそうかの納得例がずらり!です。身体は環境にも左右されやすいですよね。ふむふむなるほど、正しい自分を知ることから始まる健康法です。


絶望_道元

わずか2500字に込められた、道元の禅思想のエッセンス――。曹洞宗の開祖であり、日本仏教思想史の最高峰である天才・道元の思想は、その主著『正法眼蔵』の巻頭におかれた「現成公案」に端的に凝縮されている。つまり、「現成公案」を読むことは、日本思想史における白眉の書の、そのまたエッセンスを味わうことになる。修行に、人生に絶望しそうな者に、道元はどんなメッセージを語りかけているのか。1冊かけて丁寧に読む。

 難解な正法眼蔵の現成公案に的を絞り、現代の言葉でわかりやすく解説した日本仏教思想史の天才、道元の思想。絶望的な気分になってしまったら、心が「健やか」でいられないと思ったら。この一冊をおすすめ。

悩みレッスンl

メールの返信がない、他人からミスを指摘される、といった些細なことを気にして、いつもクヨクヨ、ビクビク、イライラしている。ストレスを感じて過食するなど、やめなければいけないと分かっている悪習慣がやめられない――。そうした自分を変えることはなぜ難しいのか? そこには「認知の歪み」と「無意識的な学習メカニズム」が関係している。その基礎から実践、応用的な技術までを、注目の臨床心理士が分かりやすく解説。

「リスクが低く、目に見える成果が出やすい」といわれる心理療法。
うつに限らず、不安障害やパニック障害などもわかりやく解説しています。たまっていくストレスが気になる方におすすめです。

などなど。気になる書籍などを見つけていただけましたら幸いです。
何しろ、半額!50%OFFですので!
健康というと身体を連想しがちですが、あわせて心も健やかでいたい。そんな思いから生まれたこの企画。少しでも皆様のお役にたちましたら幸いです。
この機会、ぜひご利用くださいませ!

光文社電子書籍担当の佐藤がお届けいたしました。
引き続き光文社新書並びに光文社の電子書籍(&紙も)よろしくお願いいたします。

心と身体を健やかに!健康本フェア 50%OFF

画像6

【実施書店】
honto楽天KoboReaderStoreKinoppyブックパスDMM.comBOOK☆WALKERブックライブ、Apple Booksなど。
↑ リンクが張られているものはキャンペーンページへとびます。
※書店さまによって終了時期が異なりますのでご注意くださいませ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

いい本との出会いがありますように!
光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えます。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書かれたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」は、投稿をお待ちしています!