見出し画像

【51位】ザ・ジャクソン5の1曲―呼び続ける声、二度とは戻れぬ「あの場所」で

「アイ・ウィント・ユー・バック」ザ・ジャクソン5(1969年10月/Motown/米)

画像1

※画像はスウェーデン盤ピクチャー・スリーヴです

Genre: Pop, Soul
I Want You Back - The Jackson 5 (Oct. 69) Motown, US
(The Corporation - Berry Gordy, Alphonso Mizell, Freddie Perren and Deke Richards) Produced by The Corporation
(RS 121 / NME 163) 380 + 338 = 718

聴けばだれもが笑顔になる。天真爛漫にして明朗快活、これぞポップ・チューンのお手本だ。のちに「キング・オブ・ポップ」となるマイケル・ジャクソンが、たった11歳にして達成してしまった金字塔。まるで永遠に崩れ落ちないバベルの塔みたいな、だからつまり嘘みたいな――人類の理想にもほど近い「超・名曲」と呼ぶべき1曲が、これだ。

幼いマイケルをリード・ヴォーカルとして擁する兄弟グループ、ザ・ジャクソン5の、モータウン・レコードからのデビュー・シングルが、この曲だった。初期の彼らは「ダイアナ・ロスに発掘された」という設定があったので、彼女のTV番組に出演。またエド・サリヴァン・ショウでの伝説的なパフォーマンスの披露などもあって、人気が爆発。70年1月には当曲がビルボードHOT100で1位を獲得する。もちろんソウル・シングルス・チャートでも1位(を4週連続)。全英でも2位となる。

この曲は、まずコード進行が絶賛された。その神がかった躍動感、スピード感は、イントロからヴァース1までの約1分間で、だれでもわかる。そしてマイケルの、子供声だ。頭抜けた歌唱力なのに、しかし同時に、愛らしい小学生でもあるのだ。そんな彼が、別れた(?)恋人に向かって「戻っておいでよ」と呼びかけるという歌詞の意外性が、受けた。もちろんダンスも、「兄弟みんな」のあたたかなコーラス・ワークも、受けた。そして21世紀にまで延々と続く「ボーイ・バンド」の雛形ともなった。

という曲であるだけに、各人の(とくに、もちろん、マイケルの)後年のいろいろを知ってしまったあとに聴けば、つい落涙しそうになる人もいる、かもしれない(僕はそうだ)。真夏の正午の太陽みたいに、全方位を最高度に明るく照らすようなナンバーだから、逆説的に「その光」が届かないところに、影を追いやり、押し込んでしまうような効果を生んだのか。ゆえに実人生で、「闇」の負債分を償却せざるを得なかった、のか。

この曲を書いてプロデュースしたのは、モータウンの社長ベリー・ゴーディ含む4人組の特命制作チーム「ザ・コーポレーション」だった。同チームは、このあともずっとジャクソン5を担当した。そしてここから連続3つの彼らのシングル「ABC」「ザ・ラヴ・ユー・セイヴ」「アイル・ビー・ゼア」も当曲同様、すべて「ソウル・チャートと総合チャート」の双方で1位となる。つまり、4連発だ。70年代初頭、ジャクソン5は全米の(若年層の)恋人となって、未曾有の熱狂の中心となっていく。

(次回は50位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

今後とも光文社新書をよろしくお願いします!
8
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています。

こちらでもピックアップされています

教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
教養としてのロック名曲ベスト100 by 川崎大助
  • 56本

今を生きる我々にとっての基礎教養とも言えるロックの名曲を、作家・川崎大助が全く新しい切り口で紹介・解説!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。