見出し画像

地元の商店街に丸投げ晩酌 (つつまし酒 #56)

住宅街のなかにぽつんとある小さな商店街

 相変わらず外出は、家から徒歩圏内にある仕事場と、日用品の買い物にスーパーに行くくらいしかできない日々が続いています。となると、せめて日々の晩酌においては、工夫を凝らしてバリエーションを持たせたい。制限のあるなかであっても、最大限楽しみたい。ってまぁ、この連載、最初っからずっとそんなことばっかりやってるわけですが、今回のテーマは「地元の商店で酒とつまみを調達する」です。

 西武池袋線の大泉学園駅と石神井公園駅の中間あたりの住宅街に、突然ぽつんと存在する小さな商店街があります。特に駅から近いわけでもなく、なんでこんなところに? って感じなんですが、近代的なスーパーやコンビニが今ほど発達する前は、その地域に住む人たちのためだけの商店街って、いっぱいあったんでしょうね。その名も「石泉ショッピング街」。仕事場からそう遠くないこともあり、たまにふらりと散歩がてらに寄って、買い物をしたりしています。
 商店のうちわけは、鶏肉専門の精肉店兼総菜屋が1軒、八百屋が1軒、小さなスーパーが1軒、酒屋が1軒、ラーメン屋が1軒、喫茶店が1軒、小粋な雑貨店が1軒、美容室が1軒、写真館が1軒、洋服のお直し屋さんが1軒、スナックが1軒。そんなところでしょうか。あれ? ものすごく閑散としてるイメージがあったけど、書き出してみるとけっこういろいろあるな。ここだけで生活が完結してしまうほどに。仕事を終えたら、石泉ショッピング街へレッツゴー!

画像1

どこか郷愁漂う、石泉ショッピング街

肉屋→八百屋→スーパー→酒屋

 まずは僕がもっともよく利用している鶏肉専門の精肉店「藤木商店」へ。ここの「レバーのからあげ」がつまみに最高なんだよな~。と、店頭の加工肉製品コーナーをのぞきこむも、残念ながら売り切れ。っていうか、夕方だからかけっこう棚がスカスカになっちゃってますね。でも心配は無用。なぜなら、注文をするとその場で焼いてくれる焼鳥は潤沢に残っているから。全種類1本ずつお願いし、棚に残ってた「チキンロール」っていうのも買ってみようかな。ぜんぶで1080円。
 焼きあがりを待っている間、お隣の八百屋さん「清水青果」に寄ってみましょう。面目ないことに、ここで買い物をするのは初めてかもしれない。店頭に、パックに入ったお漬物がいくつか並んでおり、それを眺めていると奥から店主さんが出てきて「漬物ならぬか漬けもあるよ。自家製だから美味しいよ」と教えてくれました。それは耳寄り情報! 大根、ニンジン、キュウリ、カブ、迷った末に全部買ってしまったわけですが、トータルで380円と激安。これからはちょくちょく買いにきますね。
 藤木商店で熱々の焼鳥を受け取ったら、小さな店内に厳選された日用品が並ぶ「ファミリーショップ しおや」へ。ここ、自家製のお弁当や惣菜が魅力的なんですよね。カニカマの乗ったボテサラと、中華風の春雨サラダにしてみましょうか。合わせて561円。
 最後は看板猫ちゃんのいる酒屋「三由酒店」へ。コンビニなどではあまり見ない「ハイサワー缶」があるじゃないですか。久しぶりに飲みたいな。と、購入。160円。

画像2

こんなラインナップになりました

春雨サラダが大ヒット

 家に帰ったら、さて晩酌を始めましょう。並べてみると、家族で食べるとはいえけっこうな量で、なんだか豪華すぎるくらいになっちゃったな。あぁ楽しい。
 まずはぬか漬けからいってみます。キュウリをポリポリ。お、この乳酸発酵のうまみ。家庭的な味わい。ほんとにうまい。次は大根をポリポリ。あら、キュウリは若干浅漬かりだったけど、こっちはかなりしっかりだ。すっぱさがいいなー。ニンジンって、ぬか漬けのなかでもいちばん好きかもしれません。力強い歯ごたえと甘みがたまらん。最後はカブ。うわー、見た目ほとんど大根と一緒なのに、こっちはめちゃくちゃジューシー。ごちそうだなー。
 おっと、味が気になってひととおりぬか漬けだけを食べ続けてしまい、飲むのを忘れてた。ハイサワーぐびぐび。っく~! 甘さ控えめのスッキリ味でこの季節にぴったり!
 焼きたての焼鳥はそりゃあうまいに決まってます。やっぱり秘伝のタレが決め手なのかな。家庭では絶対に出せない味だよなぁ。照り焼き風のチキンロールも美味。
 しおやのお惣菜いきましょう。まったりと甘めのポテサラは、ソースちょいがけでつまみ力アップ。そして春雨サラダ! これが大ヒットでした。春雨がムチムチぷりぷりでしっかり食べごたえがあって、具沢山で、冷やし中華的な味つけもバッチリ。これはリピート決定だな。

画像3

大満足の晩酌に

 なかなか外食に行けない昨今、たまにはこんな晩酌も、気分が変わって楽しいですね。何しろ楽だし。あって良かった石泉ショッピング街。今後ともお世話になります!

パリッコ(ぱりっこ)
1978年、東京生まれ。酒場ライター、DJ/トラックメイカー、漫画家/イラストレーター。2000年代後半より、お酒、飲酒、酒場関係の執筆活動をスタートし、雑誌、ウェブなどさまざまな媒体で活躍している。フリーライターのスズキナオとともに飲酒ユニット「酒の穴」を結成し、「チェアリング」という概念を提唱。著書に『つつまし酒 懐と心にやさしい46の飲み方』(光文社新書)、『酒場っ子』(スタンド・ブックス)、『晩酌百景 11人の個性派たちが語った酒とつまみと人生』(シンコーミュージック・エンタテイメント)、漫画『ほろ酔い! 物産館ツアーズ』(少年画報社)など。Twitter @paricco


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

いい本とのいい出会いがありますように!
27
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」
酒場ライター・パリッコの「つつまし酒」
  • 32本

人生は辛い。未来への不安は消えない。世の中って甘くない。 けれども、そんな日々の中にだって「幸せ」は存在する。 いつでもどこでも、美味しいお酒とつまみがあればいい――。 混迷極まる令和の飲酒シーンに、颯爽と登場した酒場ライター・パリッコが、「お酒にまつわる、自分だけの、つつましくも幸せな時間」について丹念に紡ぐ飲酒エッセイ、待望の連載再開!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。