見出し画像

サッカースカウトの日々の仕事|サッカースカウトが見る現場目線のフットボール vol.2

お知らせ

この連載をもとにした書籍『スカウト目線の現代サッカー事情』が2024年2月15日に発売されます!書下ろしも含めて大幅な加筆修正を行いました。ぜひチェックしてみてください!

イングランドのプロクラブでサッカースカウトとして活動する田丸雄己(@scoutyuki)さん。
現場目線のフットボール連載第2回目は、ふんわりとしたイメージばかり先行してしまいがちなスカウトの仕事を、具体的に語ってもらいました。大まかに「調査」「視察」「レポート」の3つの業務があるそうですが、それぞれに独自のコツがあります。また、優れたスカウトは独自のネットワークを持つ必要があり、そのためには3つの基本以外にもやることは盛りだくさんです。


スカウトの仕事を一言で表すと……

「サッカーのスカウトをしているんです」と自己紹介をすると、「プロの選手じゃなかったのに選手のスカウトができるとですか!?」と自分の地元では言われることが多い。これは煽っているとか嫌味を言っているわけではなく、単純な疑問として聞いているのだろう。普段フットボールに関わってない人からすると、スカウトってプロの選手だった人しかできないんじゃないか?ぐらいの認識だろう。もしくはスカウト=元プロが引退後にする仕事。それくらい、スカウトの仕事は認知されていない。

そもそもどんな人がスカウトなのか、どういう仕事をしているのかという情報自体が、サッカー界のテクニカルな職業(例えばコーチや戦術分析官など)に比べると外に出ていない。SNSやインターネット上でもスカウトの肩書きをオープンにしている人が少ないので、生の情報も入りにくい。試しにTwitterでスカウトと検索すると芸能系や、いわゆる夜職系のスカウトの方が圧倒的にヒットする。

ここから先は

6,900字 / 14画像

¥ 300

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が参加している募集

#サッカーを語ろう

11,232件

光文社新書ではTwitterで毎日情報を発信しています。ぜひフォローしてみてください!