見出し画像

キノッピー(Kinoppy)といっても、木下くんのあだ名ではありません。


こんにちは! はじめまして。

光文社・書籍コンテンツ事業部で、電子書籍を担当している佐藤と申します。突然ですが、新書編集部さんのnoteにお邪魔いたします!!よろしくお願いいたします♪

さてさて、本日、私がなぜここに潜入しましたかというと、今日は、光文社新書文学とは最高の教養であるが、紀伊國屋書店の電子書籍ストア「Kinoppy(キノッピー)」限定で先行発売(20%OFF)されたからなんです…!!

文学こそ最高の教養である_帯付_CMYK


じつはこの本、2014年からはじまった、紀伊國屋書店新宿本店でのイベントから生まれた本なんです。

画像1

みなさんご存じの、紀伊國屋書店新宿本店です。「本好きの聖地」ですね。
                      (写真はWikipediaより)


「Kinoppy」というのは、紀伊國屋書店の電子書籍です。

そのKinoppyと、光文社の誇る(!)光文社古典新訳文庫」編集部とのコラボで、2014年から60回にわたり、読書会イベントが行われてきました。

イベントでは、「光文社古典新訳文庫」で翻訳を担当された方々と、創刊編集長・駒井稔が、古典作品をめぐりトークを繰り広げてきました。

新刊『文学こそ最高の教養であるには、14回分のトークが収録されています。どんな方々が登場されているのでしょうか。

目次の一部を覗いてみましょう…!

第1夜 プレヴォ『マノン・レスコー』 │ 野崎 歓
第2夜 ロブ= グリエ『消しゴム』中条省平
第3夜 フローベール『三つの物語』 │ 谷口亜沙子
第4夜 プルースト『失われた時を求めて』 │ 高遠弘美
第5夜 トーマス・マン『ヴェネツィアに死す』『だまされた女/すげかえられた首』 │ 岸 美光
第6夜 ショーペンハウアー『幸福について』 │ 鈴木芳子
第7夜 デフォー『ロビンソン・クルーソー』 │ 唐戸信嘉
第8夜 オルダス・ハクスリー『すばらしい新世界』 │ 黒原敏行
第9夜 メルヴィル『書記バートルビー/漂流船』 │ 牧野有通
第10夜 ナボコフ『カメラ・オブスクーラ』『絶望』 │ 貝澤 哉
第11夜 ドストエフスキー『賭博者』 │ 亀山郁夫
第12夜 鴨長明『方丈記』 │ 蜂飼 耳
第13夜 アチェベ『崩れゆく絆』 │ 粟飯原文子
第14夜 プラトン『ソクラテスの弁明』納富信留
イベント会場の隅から 宇田川信生


錚々たる面々ですね…!
どうでしょう、読みたくなってきませんか…?

では、私、佐藤が、Kinoppyで買ってみます!

まずは、Kinoppyのアプリをダウンロード。アプリのダウンロードは、もちろん、無料です。


画像2


入手ボタンを押して、ダウンロード完了です。
会員登録をして、KストアにGo!

画像3


おお……スタッフさんのイチオシに!
しかも、今ならお得に買えてしまいます…!(7月25日までですよ!)

もちろん私は買います
。AppleIDで買ってみます✨

画像4


「お買い上げありがとうございます。」
いえいえ、どういたしまして…!!
「本棚に移動しますか?」
はいはい、移動します…!!

画像5


本棚に、追加
されています…!
スマートフォンにダウンロードします。

画像10


無事、ダウンロードされました…! やったね!!

画像7


はじめから」ボタンで……

画像8


もう読めます……
💕

画像9


おお! 駒井創刊編集長のまえがきがぁぁぁ!

これで、たっぷり、ゆっくり、楽しめます……!

読書会に参加された方にも、そうでない方にも、古典新訳文庫の読者の皆さまにも、古典文学にちょっぴり興味があるような方にも、ぜひお勧めしたい、読み応えたっぷりの1冊なんです。

全身全力で、お勧めいたします!!

それではみなさま、またいつかお会いする日まで……!

今後とも、光文社の電子書籍を、よろしくお願いいたします。
(もちろん、紙も……!)



文学こそ最高の教養である_帯付_CMYK

光文社新書『文学こそ最高の教養である


紀伊國屋書店の電子書籍「Kinoppy」では本日、7月10日(金)より先行発売。紙の書籍は7月15日(水)ごろ、全国の書店で発売になります。

どうぞよろしくお願いいたします。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

ありがとうございます!
19
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。