見出し画像

なぜ「進化論的アプローチ」が流行するのか?|高橋昌一郎【第26回】

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか?
■デマやフェイクニュースに騙されていませんか?
■自分の頭で論理的・科学的に考えていますか?
★現代の日本社会では、あらゆる分野の専門家がコンパクトに仕上げた「新書」こそが、最も厳選されたコンテンツといえます。
★「新書」の最大の魅力は、読者の視野を多種多彩な世界に広げることにあります。
★本連載では、哲学者・高橋昌一郎が、「知的刺激」に満ちた必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介します。

進化論の3つの「呪い」

一般に「科学」の最大の特徴は時間的な「更新性」である。科学者は、最新データに基づいて研究を進め、最先端の科学理論は常に更新されている。パソコンのソフトが不具合を修正しながらバージョンアップしていくように、科学理論も日々刻々とバージョンアップを遂げていると考えればわかりやすいだろう。

したがって、過去の科学理論は、現代科学においては意味をなさないことが多い。たとえば、現代の宇宙物理学を理解するために最も適切な方法は、宇宙望遠鏡の観測データを含むような理論に基づく最新版のテキストで学ぶことである。科学史上の業績として振り返る場合を除けば、プトレマイオスの天動説やユークリッドの『原論』などにさかのぼって、出発点から研究を始める必要はない。

科学以外の学問分野では、このような更新性は、ほとんど見られない。たとえば芸術分野を考えてみると、時間的に「新しい」ことが理由で作品が高く評価されることはない。モダン・ジャズがモーツアルトよりも優れた音楽であるとは限らないし、ピカソがゴッホよりも優れた絵画だと断定できるわけでもない。芸術作品そのものの評価は、時間的前後とは無関係に行われるのが普通である。

哲学者カール・ポパーの「進化論的科学論」によれば、環境に適応できない生物が自然淘汰されるのと同じように、古い科学理論は観測や実験データによって排除されなければならない。今日の科学における諸概念も時間の経過とともに古くなっていく。科学の世界では、常に最新バージョンが求められているわけである。科学者の仕事は、問題を解決するために仮説を立て、その仮説を批判的にテストすることによって誤りを排除し、その過程で生じる新たな問題に取り組むことである。ポパーは、この「批判的思考」の実践によって、科学が真理へ接近していくと考えた。「新しい」科学は「古い」科学よりも多くの批判に耐えうるものであり、その意味で科学は「進化」するとみなされるのである。

さて、科学哲学の世界では「進化論的」という言葉をよく目にする。ポパーの進化論的科学論をはじめ「進化論的認識論」「進化論的社会論」「進化論的倫理学」など、「進化論的アプローチ」は何年かおきに流行する人気の手法である。しかし、クーンやファイヤアーベントが批判したように、現実の科学はポパーの進化論的科学論が規定するほど理想的に「進化」してきたわけではない(科学論の変遷は拙著『理性の限界』(講談社現代新書)をご参照いただきたい)。

そもそも「生物が自然淘汰されるように」という言葉は「比喩表現」である点に注意が必要である。この種の表現は、文科省の「教育進化のための改革ビジョン」や企業の「進化に適応できない会社は淘汰される」などでも、お馴染みである。本書の著者・さとし氏によれば、その背後にあるのは、①「進歩せよ」を意味する「進化せよ」、②「生き残りたければ、努力して闘いに勝て」を指す「生存闘争と適者生存」、③「これは自然の事実から導かれた人間社会も支配する規範だから、絶対に正しい」を示す「ダーウィンが言ったから」である。

本書で最も驚かされたのは、千葉氏がその3つを「進化の呪い」「闘争の呪い」「ダーウィンの呪い」という過激な言葉で名付けている点である。進化の呪いは「優生学」と結びついてきた。優秀な競走馬を生み出すように、優秀な男女に子どもを産ませ、優秀でなければ断種するというナチス・ドイツの発想は、実はプラトンにまで遡ることができる。「闘争の呪い」は、誰にも文句を言わせずに学生や社員を競わせるのに便利である。「ダーウィンが言ったから」は、どんな主張にも謎の説得力を持たせられる。本書は、膨大な原典文献から「呪い」の歴史的真実に迫り、人類の未来を見渡そうとする。すばらしい労作である!

本書のハイライト

呪詛だの祟りだのは、古き世を支配した神の摂理の残滓である場合が多く、先祖代々伝えられてきたものなので、歴史を遡って由来を辿るのが、一般的な対処法である。もちろん由来がわかったところで、呪いを解けるわけでもないだろう。だが言葉にはそれ自体の意味だけでなく、それが生まれた歴史も伝える力がある。だからそうした言葉の魔力の緩和には役立つだろう。何より、新たな魔力に取り憑かれて呪詛を唱えるようになるのを、多少は防ぐことができるかもしれない。

(p. 6)

連載をまとめた『新書100冊』も好評発売中!

前回はこちら

著者プロフィール

高橋昌一郎(たかはし・しょういちろう)
國學院大學教授。情報文化研究所所長・Japan Skeptics副会長。専門は論理学・科学哲学。幅広い学問分野を知的探求!
著書は『理性の限界』『知性の限界』『感性の限界』『フォン・ノイマンの哲学』『ゲーデルの哲学』(以上、講談社現代新書)、『20世紀論争史』『自己分析論』『反オカルト論』『新書100冊』(以上、光文社新書)、『愛の論理学』(角川新書)、『東大生の論理』(ちくま新書)、『小林秀雄の哲学』(朝日新書)、『実践・哲学ディベート』(NHK出版新書)、『哲学ディベート』(NHKブックス)、『ノイマン・ゲーデル・チューリング』(筑摩選書)、『科学哲学のすすめ』(丸善)など多数。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

光文社新書ではTwitterで毎日情報を発信しています。ぜひフォローしてみてください!