見出し画像

【第1回】「教養」への第一歩は「自分とは何か」を知ることにある!

■膨大な情報に流されて自己を見失っていませんか?
■デマやフェイクニュースに騙されていませんか?
■自分の頭で論理的・科学的に考えていますか?
★現代の日本社会では、多彩な分野の専門家がコンパクトに仕上げた「新書」こそが、最も厳選されたコンテンツといえます。この連載では、哲学者・高橋昌一郎が「教養」を磨くために必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介します!

「自己分析」をするうえでの3つの悩み

連載第1回で自著を紹介するとは、おこがましい限りであることを十分承知している。しかし、『自己分析論』には、現代人の「教養」の原点に位置する「自分とは何か」という問いに立ち向かうために必要な3つの基本理念がすべて含まれている。というわけで、あえて拙著を最初に取り上げたことを、ご容赦いただければ幸いである。

さて、これまでの私の経験によれば、日本の多くの大学生や社会人が「自己分析」に抱いている疑問や悩みは、およそ次の3種類に分類できる。

第1に、就職活動においては、自分がどのような人間か認識していなければ、どんな仕事に就きたいのかわからないし、もちろん「自己PR」もできない。志望企業が決まれば、その企業が求める人物像と自己像のギャップをどのように埋めればよいか、どこまで自分をさらけ出してよいのか、どの部分で自分を飾るべきなのか、さまざまな「具体的な対策」について疑問が生じる。

第2に、就職活動が進むにつれて、人間関係の中で自分をどのように表現すればよいのか悩み始める。面接でうまく自分を表現できない、グループワークで自分の立ち位置がわからないといった状態で時間だけが過ぎていく中で、ますます「自分らしさ」が見えなくなる。異なる業種の面接で異なる自己像を演じているうちに「自己アイデンティティ」が揺らいでしまうケースも少なくない。

第3に、就職活動が終われば、とりあえず目先の目標は達成される。ところが、実際に社会人生活が始まると、自分で選んだはずの仕事がおもしろくない、自分の得意なことを会社で活かせない、自分が期待していた人生と違うといった不満を抱くようになる。勤務先でのストレスに押し潰されて、退職や転職を考えるケースも出てくる。そこで改めて「自分とは何か」と本格的に悩み始めるわけだが、むしろこれがソクラテス的な「いかに生きるべきか」という哲学的思索の出発点といえるかもしれない。

『自己分析論』の目的は、これらの3種類の疑問や悩みにどのように対処すればよいのか、多彩な論点に焦点を当てて議論することによって、読者自身がうまく「自己分析」できるようにサポートすることにある。

第1章の「就職活動における自己分析」では、就職活動で直面する諸問題を具体的に解説し、第2章の「対人関係における自己分析」では、実際の自己分析ツール使用例と心理学における性格分析の意味を検討し、第3章の「人生哲学における自己分析」では、ソクラテス以来の哲学における「自己」の見解について、さまざまな観点から考察する。

いわゆる就職活動対策用の「自己分析」ノウハウ本やワークブックは数多く出版されているが、本書のように3つの異なる視点から「自己分析」そのものに深く踏み込んだ書籍は、他に類を見ないものと自負している。

本書に登場する5つの「自己分析ツール」(マインドマップ/自分史/モチベーショングラフ/SWOT分析/ジョハリの窓)や「ビッグ・ファイブ」「ワトソン・ダイヤグラム」のようなツールを試してみるだけでも、「自己」に関する多種多様で有益な情報を得ることができるだろう。

そこから、ソクラテス的な「いかに生きるべきか」という哲学的思索が始まり、「プラトンの暗黒面」や「スターウォーズの哲学」も理解できる仕組みになっている。お楽しみいただけたら幸いである。


本書のハイライト

神経生理学的に考えると、人間の「脳神経系」は外界からの刺激によって常に機能的・構造的に柔軟に変化する「可塑性」という性質を持つことがわかっている。つまり、実は外見だけではなく、内面の「自己」も大きく変化し続けているわけである。……「自己」は確定的ではなく、実際にはいくらでも「揺らぐ存在」といえる。逆に言えば、「自己」はいくらでも生まれ変わることができるのである!(pp. 236-237)

著者プロフィール

画像1

高橋昌一郎/たかはししょういちろう 國學院大學教授。専門は論理学・科学哲学。著書は『理性の限界』『知性の限界』『感性の限界』『ゲーデルの哲学』『自己分析論』『反オカルト論』『愛の論理学』『東大生の論理』『小林秀雄の哲学』『哲学ディベート』『ノイマン・ゲーデル・チューリング』『科学哲学のすすめ』など、多数。



この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

アランちゃんも喜んでいます!
40
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!

こちらでもピックアップされています

新書こそが教養!
新書こそが教養!
  • 7本

現代の日本社会では、多彩な分野の専門家がコンパクトに仕上げた「新書」こそが、最も厳選されたコンテンツといえます。この連載では、哲学者・高橋昌一郎が「教養」を磨くために必読の新刊「新書」を選び抜いて紹介します! 高橋先生のお名前にちなんで、「1」の日、毎月1、11、21日の更新です。

コメント (14)
(続き)そして今回この記事を読み、私は自分がどのような人間なのか理解していないから自分らしさをわかっていないということを知った。もっと自分らしくいて良いと思うよと言われるのは、人間関係の中で自分をどう表現していいのかわかっていないからであり、今の自分は、この記事の第3にいて自分らしさとは何か悩んでいるのではないかと思った。これを機にもっと自分がどのような人間なのか考えてみようと思った。コメントで、助言があって自分を見つけることができたと書いている方がいたので、私も自分一人で考えるのではなくいろんな人に助言してもらおうと思った。(HN020045)
この記事を読んで、私は、「自分らしくいようとし過ぎている」のかもしれないと思った。私はかなり意志が強い方で、自分がやりたいと思ったことは誰に反対されようが必ず実行する性格である。それによって衝突した経験ももちろんある。割と私は自分自身を理解できている方だと思う。どんな性格で、何がやりたいのかがはっきりしている。しかし、その自分に囚われているのか、自分を飾ることが苦手である。洋服やメイクなど見かけの話ではなく、人との接し方や言動についての問題である。いつも「自分」でいるため、相手に切られると傷つくことも納得がいかないこともある。だからこれからは、「自分を良く見せる」努力をしようと思う。これが私です、と相手に突き出すのではなく、謙虚さを踏まえつつ、相手にプラスに見える人になりたい。簡単なことではないと思うが、少し自分に嘘をつくことでそこから̪視野や可能性を広げていければ、対人関係も変わるだろうし自分の新たな一面も見えてくると思う。前のコメントにもあるように、助言をしてもらうことで他人から見た自分についても知れていければより良いと思う。 (E190317)
「自己分析」というのは、難しいことだと私は思う。高校受験と大学受験のときに「自己PRお願いします」と言われたが、私は思うように伝えられなかった。自分の長所と短所がいまいち分からない。また、どのように伝えれば相手に理解してもらえるかも分からない。しかし、今後就職活動では必ず、といっていいほど「自己PR」を求められる。その際に私は、自分の長所·短所がその企業が求める人材に相応しいものか否かをまず考えてしまう。受かる為に自己を変えたとしても、「本当にこれが自分…?」と疑問が生じる。自己を貫いてその企業に落ちてしまったら、「この性格じゃダメなんだ…」と自己否定に陥ってしまう。自己を貫いて希望の職種に就けるのが一番理想だが、そんな簡単にはいかない。次第に「自分とは何か」悩み続け、自己を見失ってしまう可能性があると考えられる。
「自己分析」は自分を探ることである。しかし、それができない、難しいと言うならば、友人や家族に聞いて他者から自分の長所·短所を教えてもらうことも「自己分析」の一歩になるのではないかと思った。
(J180245)
自己分析は部活選びや高校選びの時ですら選定対象と自分を比較しながら「自分にあっているのは何か」と分析をしてきたことだろう。高橋先生が指摘する通り、自己分析は始まりの一歩であり、その先に3種類の疑問や悩みが待ち構えている。どう対処するかは本書に任せることにして、私は多くの人を採用し、また一緒に数年働いた経験から、分類123に進む前に、0.5または1.5があると思うと述べたい。これから就職活動をする方々は、自己分析と同時に、客観的な指標としての適正診断テストを受験するように促される。その対策としてSPI対策本や講座で勉強する人もいるだろう。適正診断テストを対策するとは何を意味するのでだろうか。対策をすること自体に、「採用側の求める人材像を想定して、自己の適性を修正する」意図が既に含まれていないだろうか。そうして取り繕った「自己」と次に来る分類123で向き合うことになりはしないだろうか。テスト対策は、忘れてしまった数学を思い出すため非言語分野は対策をお勧めするが、言語分野を対策しては、受験側・採用側の双方にとって不幸を産む。素直な気持ちで最初のボタンは慎重に掛けるべきだ。(H190544)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。