見出し画像

教養としてのロック名曲ベスト100【第13回】88位は…早くも二度目の登場! by 川崎大助

「サイン・オブ・ザ・タイムス」プリンス(1987年2月/Paisley Park・Warner Bros./米)

画像1

Genre: Electro-Funk, Minimal
Sign o' the Times - Prince (Feb. 87) Paisley Park・Warner Bros., US
(Prince) Produced by Prince
(RS 304 / NME 192) 197 + 309 = 506

まさにクールネスの権化。隙間だらけの美学。あらゆる要素を間引きに間引いた、骨格だけの憂鬱がファンキーに鳴り響く名曲として、スマッシュ・ヒットした。ビルボードHOT100では3位、R&Bチャートはもちろん1位、全英は10位まで上昇した。

この曲の勢いが、ほぼ1カ月後に発売された同名の第9作アルバム(『教養としてのロック名盤ベスト100』では74位にランク)の成功を確約した。すなわち、プリンスにとって起死回生となる「一手」のアイデアが、この曲のなかに充満していたからだ。

このときのプリンスには「一手」が必要だった。なぜならば直近のアルバム4作、つまりあれらメガヒット作にして名盤をともに制作した、頼りになる名バック・バンド、ザ・レヴォリューションが解散したからだ。だからここで純然たる「ソロ化する」というのは、わかりやすい定石なのだが――しかしやはり、プリンスの場合はそれがすごく「極端」だった。「ひとりぼっち」になる場合の、なりきりかたが。「ぼっち度数」が。

全楽器を「自分ひとり」で演奏することなどプリンスには朝飯前。だからこそ、この曲ではなんと「自分すら」ほとんど排除した。自らの肉体を直接介在させるのは歌と最小限のギターのみ。ほかは「全部機械」に任せ切った。基本パートはほとんどサンプリング・キーボードのフェアライトCMIで構築(しかもプリセット音源を多用)……という、あたかもまるで、近年流行している「PCやスマホだけで」音楽を作るクリエイターみたいな態勢になった。

のっけから「ループする」リズム・パターンが、まず不穏だ。歌詞は重い。エイズや都市のギャング問題、自然破壊、ドラッグ禍、戦争など、当時の社会問題が次から次に触れられては、宙へと投げ出される。話題が切り替わるタイミングで、まるで息継ぎのように「タイム……」とプリンスがつぶやく。そして、ただただ無機質なビートだけが、まさに機械的に「規則正しく」時を刻み続ける――という、そんな曲だ。この非人間っぷりが、新種の「クール」へとつながって、プリンスの新境地を開拓した。「これ以上はさっぴけない」ミニマルな状態から、奇妙なれども新鮮な響きのファンクが誕生した。

出世作である95位の「1999」では明るく世紀末へと向かっていた彼なのに、こっちでは一転して「暗い」のがユニークだ。プリンスの新章は、あたかも「本物の終末を幻視した人みたいな」陰々滅々の感覚からスタートしていった。

(次回は87位、お楽しみに! 毎週火曜・金曜更新予定です)

※凡例:
●タイトル表記は、曲名、アーティスト名の順。括弧内は、オリジナル・シングル盤の発表年月、レーベル名、レーベルの所在国を記している。
●曲名については、英文の片仮名起こしを原則とする。とくによく知られている邦題がある場合は、本文中ではそれを優先的に記載する。
●「Genre」欄には、曲の傾向に近しいサブジャンル名を列記した。
●ソングライター名を英文の括弧内に、そのあとにプロデューサー名を記した。
●スコア欄について。「RS」=〈ローリング・ストーン〉のリストでの順位、「NME」は〈NME〉のリストでの順位。そこから計算されたスコアが「pt」であらわされている。
川崎大助(かわさきだいすけ)
1965年生まれ。作家。88年、音楽雑誌「ロッキング・オン」にてライター・デビュー。93年、インディー雑誌「米国音楽」を創刊。執筆のほか、編集やデザイン、DJ、レコード・プロデュースもおこなう。2010年よりビームスが発行する文芸誌「インザシティ」に短編小説を継続して発表。著書に『東京フールズゴールド』『フィッシュマンズ 彼と魚のブルーズ』(ともに河出書房新社)、『日本のロック名盤ベスト100』(講談社現代新書)、『教養としてのロック名盤ベスト100』(光文社新書)、訳書に『フレディ・マーキュリー 写真のなかの人生 ~The Great Pretender』(光文社)がある。
Twitterは@dsk_kawasaki



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

ありがとうございます!
14
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」と一緒に首をなが~くして投稿をお待ちしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。