見出し画像

『舞姫』の時代を知るのに最高の1冊です|恋愛学で読みとく「文豪の恋」【番外編】

note担当の田頭です。3連休の初日、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

この光文社新書noteで好評連載中の「恋愛学で読みとく『文豪の恋』」はもう読んでいただけましたでしょうか。 

おかげさまでじわじわと人気上昇中です。近々第3回として三角関係を描いた武者小路実篤『友情』編をアップしますので、お楽しみに。よろしければマガジンのフォローもお願いします!

さて、今日はこの第2回で採り上げた『舞姫』の時代背景がよくわかる副読本のご紹介です。本というか、マンガなんですが…

『坊っちゃん』の時代!

『舞姫』に関わるのは第二部のみですが、これはもう全5巻を読破する価値のある素晴らしさです! 谷口ジローさんの繊細で美しい絵はばっちりテーマにハマっていますし、こちらでも『孤独のグルメ』ばりに食べ物の描写が美味しそう(牛鍋とか!)。しかも原作が関川夏央さんときたら、『事件屋稼業』ファンのかたは、もうこのコンビのクレジットを見ただけで読みたくなりますよね。

シリーズの内容は、明治の文人たちを中心とした群像劇となっています。

・第一部 夏目漱石
・第二部 森鷗外
・第三部 石川啄木
・第四部 幸徳秋水
・第五部 夏目漱石

この4人がそれぞれ主人公格で、彼らを取り巻く同時代の文学者、政治家、女性たちとの交友や恋愛模様が描かれます。そして巻を重ねるごとに激動の「明治」という時代が何だったのかが次第に明らかになっていくという…。なんだか大河ドラマっぽいと言っていいかもしれませんね。

史実と想像が巧みに織り交ぜられた関川夏央さんのストーリーテリングがとにかく絶妙です。「あ、この人とこの人って交流があったんだ!」という発見も満載。文学史というか近代史というか、やたら勉強になる内容の連続で、私など受験生の時によく読みふけったものです(笑)。

鷗外が出てくる第二部は、もちろんエリスのモデルとなった女性(この作中でも名はエリス)との恋が描かれます。ここで苦みばしって苦悩する鷗外はかなりの読ませどころ。みなさんの『舞姫』への印象がまた変わるかもしれませんね。

ちなみに個人的には第三部が最高です。啄木のクズ男っぷりといったら!(笑)『舞姫』の豊太郎なんて目じゃありません。借金しまくって踏み倒す、人の勘定で飲んだくれる、仕事をサボる、奥さん放ったらかしで遊廓に入り浸る…とまあやりたい放題。こんな行いの中でよく『一握の砂』なんて書けたな、おい(笑)。親友である金田一京助(息子さんともども国語辞書で有名な人ですね)が対照的にいいヤツすぎて泣かせます。

そんなこんな、面白いうえに、勉強にもなってしまうこちらのマンガ、ぜひいかがでしょうか。『舞姫』や『こころ』がもっと深く理解できるようになること間違いありません。いい本やマンガって、必ず次のよき読書体験を呼び寄せてくれるものですから!


↓こちらも大作家たちの知られざる名作を採り上げた一冊。鷗外も実篤も収録されています。


この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

ありがとうございます!
34
新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています。

こちらでもピックアップされています

森川友義の恋愛学で読みとく「文豪の恋」
森川友義の恋愛学で読みとく「文豪の恋」
  • 20本

恋愛学の第一人者である森川友義教授が、まったく新しい視点から、明治・大正・昭和の名だたる文豪たちの小説に描かれた「恋」について分析します。好評連載中。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。