光文社新書
#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.68
見出し画像

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.68

光文社新書

光文社新書のTwitterで月〜金につぶやいている「#勝手に社内リレー」を厳選プレイバックしていくこちらの連載。光文社古典新訳文庫のツイートを受け、光文社新書が「勝手に」ひもづけて、あるいはこじつけて既刊本をご紹介していきます! 担当・田頭の「勝手な」ふり返り付き。

『ワーニャ伯父さん/三人姉妹』『桜の園/プロポーズ/熊』→『恋愛学で読みとく 文豪の恋』

担当の自己採点★★★★ 「没落貴族」ものは個人的に好物です。一押しは曹雪芹の『紅楼夢』なんですが、これは古典新訳文庫からの新訳を期待したいところです。映画ではやっぱりヴィスコンティの『山猫』ですかね。


『ドルジェル伯の舞踏会』『クレーヴの奥方』→『「家族の幸せ」の経済学』

担当の自己採点★★ 元ツイートが「愛妻の日」で、今日が「母の日」。偶然ですけど。


『ミドルマーチ』→『死にゆく人の心に寄りそう』

担当の自己採点★★★★ 『死ぬまでにしたい10のこと』は傑作です。結婚の多様なあり方について描かれた『ミドルマーチ』を小道具にもってくるなんてじつにニクい。そもそも余命を前にしたとき、やりたいことが10もあるものなのかどうか、考えさせられます。


『ロビンソン・クルーソー』→『感染症としての文学と哲学』

担当の自己採点★★★ 『ペスト』を読んでみると、デフォーがとても知的な作家であることがわかる気がします。あるいはカミュの『ペスト』と読み比べてみても。おすすめです。


『菊と刀』→『羞恥心はどこへ消えた?』

担当の自己採点★★★ 日本人が本当に集団主義的であるかどうかについてはその後多くの反論が生まれているので、その意味でも必要の一冊ですね。いったい日本人は他人に対して関心があるのかないのか、見極めが難しいところです。


前回はこちら


この記事が参加している募集

推薦図書

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
光文社新書

よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!

いい本との出会いがありますように!
光文社新書
光文社新書の公式noteです。2021年10月17日に創刊20周年を迎えました。光文社新書の新刊、イベント情報ほか、既刊本のご紹介や連載をアップしていきます。お気に入りの一冊について書いていただいたnoteを収録するマガジン「#私の光文社新書」では、随時投稿をお待ちしています!